左から、田中哲司、前原滉、田中圭

田中圭が主演を務めるドラマ『あなたの番です ‐反撃編‐』(日本テレビ系、毎週日曜22:30~)の第13話が、7月14日に放送される。

本作は、4月から9月にかけて日本テレビでは25年ぶりとなる2クール連続で放送される大型ミステリー。都内のマンションに妻・手塚菜奈(原田知世)と引っ越してきた手塚翔太(田中)。幸せいっぱいの生活から一転、住民たちの“殺人ゲーム”に巻き込まれていく。前回までに、最愛の菜奈が何者かに殺され落ち込んでいた翔太だが、AIの研究をしている大学院生・二階堂忍(横浜流星)と協力しながら犯人を追い詰めていく。

今回、田中哲司演じる南雅和(みなみ・まさかず)が初登場。彼は、何者かに殺害された赤池吾朗(徳井優)・美里(峯村リエ)夫妻が暮らしていた“激安の賃貸物件”502号室に引っ越してくるが、果たして、何の目的があるのだろうか――?

<第13話あらすじ>
袴田吉彦(袴田吉彦)殺害容疑で指名手配されているイクバルたちが翔太(田中圭)を襲ったことで、警察に捕まると悟ったシンイー(金澤美穂)は、不法滞在中の恋人・クオン(井阪郁巳)を逃がす。

翔太と二階堂(横浜)は、臨時の住民会に出席。そこに管理人の蓬田(前原滉)が502号室に引っ越してきた南(田中哲司)を連れて現れ、住民たちに紹介する。赤池夫妻が殺された部屋にわざわざ住もうとする南を不審に思う住民たち。南は、不躾に住民たちから事件の話を聞こうとする。まるで事件を探るような南の態度に、住民たちは警戒を強める。

二階堂は翔太と推理を進めるうち、黒島(西野七瀬)に気になる点があると言い出す。鋭いようで大いに的外れな推理を展開する二階堂に、翔太は的確な答えを出すが……。

翔太が交換殺人ゲームの話を警察にしたことから、ブータン料理店店長・タナカマサオ(名倉右喬)を殺害した容疑をかけられた藤井(片桐仁)は、神谷(浅香航大)と水城(皆川猿時)の取調べを受ける。藤井は、タナカ殺害とシンイーへの脅迫を否認。神谷は、早苗(木村多江)が住む402号室で見つかったバスタオルから検出されたDNAと照合するため、藤井にDNAの採取を求める。藤井は観念して、すべてを告白しようとするが……。

ページトップへ
Twitter Facebook