小池栄子主演の木曜ドラマF『わたし旦那をシェアしてた』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜23:59~)が、7月4日よりスタートする。

同ドラマは、同じ男性と事実婚の関係を結んでいた、3人のシングルマザー・森下晴美(小池)、小椋加奈子(りょう)、藤宮茜(岡本玲)が、シェアハウスで共同生活をしながら亡くなった“夫”天谷恭平(平山浩行)の遺産を巡って戦い、数々の謎に巻き込まれていくファイティングミステリー。なお、3人を取り巻く登場人物として、黒木啓司EXILEEXILE THE SECOND)、夏木マリ赤楚衛二渡辺真起子の出演も決まっている。

<第1話あらすじ>
食品会社の取締役として働く晴美(小池)は、恭平(平山)と事実婚していた。そんな中、晴美のもとに警察から、恭平が意識不明で病院に運ばれたという連絡が入る。晴美が病院へ向かうと、恭平は危篤状態だった。

そこに恭平の妻と名乗る加奈子(りょう)、茜(岡本)が現れる。3人の妻が顔を合わせてパニックになる中、恭平は息を引き取ってしまう。

刑事の塚本美保(渡辺)から恭平は何者かに殺されたと告げられ、ショックを受ける晴美、加奈子、茜。3人は、自分こそが恭平の本当の妻だと言い争いになり……。

この夏、放送がスタートする土曜ナイトドラマ『妖怪シェアハウス』。 小芝風花演じる主人公・目黒澪が妖怪たちと出会うきっかけとなるのが、澪をどん底につき落とした元恋人。第1話では澪に借金をさせ、仕事のミスを押しつけ、挙句のは

ページトップへ
Twitter Facebook