田中圭原田知世がW主演を務めるドラマ『あなたの番です』(日本テレビ系、毎週日曜22:30~)の第6話が、5月19日に放送。インターネット上では、乃木坂46の元メンバー・西野七瀬が活躍するシーンがあり、ファンから歓喜の声があがっていた。

本作は、4月から9月にかけて日本テレビでは25年ぶりとなる2クール連続で放送される大型ミステリー。原田と田中が演じるのは、都内のマンションに引っ越してきた手塚菜奈・翔太。幸せいっぱいの生活から一転、住民たちの“殺人ゲーム”に巻き込まれていく……。前回までに、マンションの住民会で、“殺したい人”を紙に書いて箱に入れ、全員がその箱から1枚紙を引く。すると、住民の誰かが殺したいと思っている人物の名前を1人だけ知ることができる、というゲームが実行されており、次々と名前が書かれた人が殺されていた。

翔太が働くジムのお客さんである細川朝男(野間口徹)と結婚していることを告白した菜奈。翔太にはバツイチと言っていたが、朝男が離婚届を出してくれず、まだ夫婦関係が継続中とのこと。翔太が「婚姻届けを出そう」と言ってもはぐらしかしていたのは、提出したくないのではなく、提出できなかったのだと語った。朝男は彼女がもともと働いていたデザイン会社の社長で、独立してからもよく仕事をもらっていたため、強くは言えなかったという。

別の日、ジムで朝男と会った翔太。今までは「兄貴」と親しみを込めて呼ぶほど信頼していたが「別れてください」と怒りを露わに。しかし、法的には、翔太と菜奈は不倫関係であり、訴えれば多額の慰謝料を支払うことになると脅してきた朝男。そこで、翔太は朝男をハグ。「これまで菜奈ちゃんが生きてきた人生も愛している」と言い、菜奈を愛するということは、朝男も愛するという意味も含まれている、と怒りを押し殺して宣言した。

そんな中、菜奈は、榎本早苗(木村多江)と黒島沙和(西野)宅を訪れ、これまでの事件の概要を振り返ることに。彼女は、数学科に通う大学生であり、部屋には計算式が書かれたホワイトボードが。その裏には、今回の事件をまとめたものが書かれていた。3人が暗躍していることをよく思っていない住民もいるため、今後は彼女の部屋で作戦会議をすることになった。

ネット上では、翔太の行動について「(菜奈への)愛は海より深い」などのコメントがあがっていたが、沙和の部屋にも注目が集まり、「なぁちゃん(西野)の部屋とか興奮する」「なぁちゃん回だと思ってOK?」「なぁちゃんキラキラ」という声も。また、彼女が数学科の大学生だったことが判明したことで、「媒介変数使って微分されたい」「七瀬ちゃんの役もインテリだから真相解明のために重要そう」という意見もあがっていた。

ページトップへ
Twitter Facebook