AKBグループを卒業したばかりの指原莉乃が、5月8日に放送された『今夜くらべてみました』(日本テレビ系、毎週水曜21:00~)に出演。ママタレントの結婚生活を覗いたものの将来の不安を口にした。

ある共通点を持ったゲストをあらゆる角度から比較し、それをもとにMCの指原、チュートリアル徳井義実フットボールアワー後藤輝基SHELLYがトークを繰り広げる同番組。今回は「トリオ THE 真夜中の妻たち」をテーマに、羽野晶紀ギャル曽根野々村友紀子らママタレントが登場した。さらに見守りゲストとして“よしお兄さん”の愛称で知られる小林よしひさも加わり、彼女たちの言い分を聞いた。

番組では「無意識に妻をイラつかせる夫」が近年増加していることを挙げ、曽根とテレビ番組のディレクターをしている夫の、ある日のメールのやり取りを公開。会議で連絡できないと言いつつも、終了予定時間を大幅にオーバーし、2時間返事がないため、曽根は「おーい」「無視?」「本当はどこにいるの?」などLINE攻撃を繰り返したという。夫が「いい加減にしてくれ」と会議中の写真を送ってきたのだが「写真は撮れるのに返信はできないの?」と愚痴をこぼす曽根。後藤らが「考えることがある」と夫の肩を持つも「もしもこれが(数時間前ではなく)直前に始まった会議だとしたら?」と浮気を疑うと、仲間のはずの野々村が思わず「何のトリックを暴いてんの?」とツッコミを入れた。

このほか、恋愛解禁となる指原に3人から「こんな男に気をつけろ」とアドバイスが。実家が金持ちの「高級車男」や「こだわりが強い男」など、様々なダメ男を述べて怒りをぶつける3人。SHELLYが「実家が東京の男性がいい。子供が生まれた時、旦那のご両親が本当に助けてくれる」とメリットを語るも、あきらかに苦悶の表情を浮かべた指原は「こんなの1時間聞いていたら結婚できないです!」と本音を吐露して出演者らを笑わせた。

そんな混沌とした中、最後にコメントを求められた“夫側”の立場である小林は「もっと聞きたいので次も呼んでほしいです」とポツリ。続けて「子供の習い事って何がいいですか?」と真面目な質問をして、殺伐としていたスタジオを癒していた。

6月7日に放送される『林先生の初耳学』(MBS/TBS系、毎週日曜22:00~)は、世の中でバズっていることや誰も調べていないようなことを体当たりで検証する「初耳トライ」から、2つの検証を実施する。

ページトップへ
Twitter Facebook