米倉涼子が、4月5日放送の『アナザースカイII』(日本テレビ系、毎週金曜23:00~※この日は23:35~)に出演。アルゼンチンタンゴを披露するも「納得がいかない」と語る一幕があった。

同日放送分から、今田耕司に加えて新MCに広瀬アリスが就任。番組名も『アナザースカイ』から『アナザースカイII』へとリニューアルされた。今回は米倉と共に1日1組限定の高級レストランでVTRを観ることに。

大仕事を終えると旅に出かけることの多い米倉は、先日も世界一周をしたばかり。今回番組では、スペイン・バルセロナを訪れた。トーク中にもちょくちょく口に出すほど、スペイン語を勉強中なのだが、その理由は趣味で行っているアルゼンチンタンゴが影響している。

旅の目的は、本場でそのアルゼンチンタンゴを学ぶためだという。早速、講師から指導を受ける米倉。まだ初めて1年程度なのだが、講師からは「初心者とは思えない」と称賛される。

VTRを観た広瀬が「趣味の範囲を超えている」と驚くと、米倉は「(習得したら)どの世界の人とでも一緒に踊れるよ」と紹介した。

しかし、彼女自身は踊りに納得がいっていないようで「あれが実力なんですけど、もっと上手になってから仕事で使いたかった」と吐露。今田は米倉の考えに同調しつつも「それでも出してほしい」という制作側の気持ちも分かると両者を思いやり、カメラの前でやることで実力が飛躍的に伸びると諭した。

米倉は日本に帰国後、改めてアルゼンチンタンゴを披露。生足が見えるセクシーな衣装で踊る姿に、広瀬らも「全然違う」「カッコイイ」と感想を述べる。しかし、今田は米倉の納得がいかない表情を見逃さず「素直に喜ばないとダメ!」とツッコミを入れていた。

インターネット上では、彼女のスタンスについて「憧れと尊敬と大好きが止まらない」「生き様がカッコいい」とのつぶやきが。また、圧巻のダンスを観て「エロスを感じる」という声もあった。

このほか、彼女が主演を務めるブロードウェイミュージカル『CHICAGO』についての想いや稽古中の出来事を語る一幕があった。

ページトップへ
Twitter Facebook