強烈キャラとの再会にマツコもテンションアップ

マツコ・デラックスが番組スタッフと企画会議を行い、今話題のディープな場所と中継を結んで、そのエリアを深掘りしていく番組『マツコ会議』(日本テレビ系、毎週土曜23:00~)。3月30日の放送は、22時からの拡大スペシャル。これまで番組に登場した総勢1300人の中から、放送後に人生が激変したという強烈キャラのその後を追跡する。

今回は、「原宿」「美女」「男前」の3つの部門から、珠玉のキャラクターたちの今を深掘り。超個性的なキャラが続々と誕生した「原宿部門」では、放送後に大きな話題となり、ついには芸能界入りを果たした「ぺえ」や「ゆうたろう」が再び登場。華やかな芸能生活で順風満帆かと思いきや、思わぬ本音がポロリ。いったい2人は何を語るのか。

また、マツコが絶賛した当時中学生の逸材・よしあきくんと姉のミチさんも登場。約3年ぶりに中継を結ぶ。当時と比べると落ち着いた雰囲気の2人に、マツコは親の目線で「落ち着いたね、2人とも」としみじみ。そして、「私たちだけよね。いつまでもずっと同じことしてるの。みんな成長していくのよ」と我が身を振り返るのだった。

18歳になったよしあきくんは、現在、モデルとして活躍中。誰もが知る世界的一流ブランドのショーにも出演し、インスタのフォロワーはなんと21万人以上だという。さらに、そのインスタには高校生とは思えない、世界中のおしゃれな旅行写真がどっさり。フォロワーの多さについて、「親しみやすいんですかね、なんか」と分析するよしあきくんだったが、マツコは「全然親しみやすさねえよ! どっちかっていうと完全に突き放されてるよ!」と一喝する。

そして、マツコを圧倒した「美女部門」からは、放送後に大手芸能事務所7社からスカウトが来たという超美人女子高生が2年ぶりにお目見え。他にも、結婚宣言をしていたポールダンスのミステリアスな美人女医など、今が気になる美人キャラが続々と姿を現す。

「男前部門」からは、恋愛リアリティ番組『バチェラー・ジャパン』で一躍有名になった初代イケメンバチェラーの久保さんが登場。放送後に新たな仕事が舞い込み始めたという久保さんだが、マツコが気になるのは彼の恋愛事情。なかなか本性を見せない彼の恋愛観をマツコがどんどん暴いていく。

他にもマツコが「札幌の逸材」と大絶賛した「やすおちゃん」や、記念すべき第1回放送で出会ったちょんまげ姿の男性など、印象的だった人々の現在を深掘りする。

俳優の中村倫也が、10月15日放送の『バナナマンのドライブスリー』(テレビ朝日系、毎週火曜24:20~※一部地域を除く)に出演する。今回は、ドライブをせずに、巷で流行っているミニゲームをみんなで楽しむ特別編。バナナマン(設楽統、日村勇紀)と中村に、佐藤栞里と東京03の飯塚悟志を加えた5人で盛り上がる。

ページトップへ
Twitter Facebook