}
渚(尼神インター)がボコボコにした先輩芸人とは?

斎藤工が、4月2日放送の『ウチのガヤがすみません!』(日本テレビ系、毎週火曜23:59~)にゲスト出演する。

毎回、総勢50名を超える若手芸人がゲストについて調査を行い、興味の持てる“おもてなし”を提案する同番組。ゲストはその中から数組のテーマを選出し、MCのヒロミフットボールアワー後藤輝基らと共に、トークを繰り広げる。

スタジオには、元ピーマンズスタンダードみなみかわが登場。斎藤はみなみかわの「システマ」(痛みを感じないロシアの柔術)が気になっているという。すると、その場で“システマの神髄”を教わった斎藤とみなみかわの「システマ対決」が行われる。さらに、元プロキックボクサー芸人が、斎藤に強烈なキックをお見舞いする。果たして、勝負の結果は?

そして、SNSで100万回再生されるという「信頼ゲーム」に斎藤も挑戦。テレビ初の「信頼ゲーム」をコロコロチキチキペッパーズが披露する。「信頼ゲーム」とは、両手を合わせた手が顔にめがけて突っ込んでくるが、ギリギリで合わせていた手を離すというもの。そこで目を閉じてしまった人が負け。シンプルなゲームなのに、何故かスタジオでは爆笑が起きる。

3組の芸人がネタを披露し、斎藤が完コピをするネタを選ぶ「完コピするネタはどれだ選手権」も。斎藤が選んだのは、絶対に選ばれないと思われていた衝撃のネタで、まさかの展開に出演者、スタッフ、関係者が大パニックとなる。

さらに、悩みやトラブルを抱えている女芸人が勇気を出して告白する「尼神インターの女芸人激白ファイル」では、尼神インターのが先輩芸人をボコボコにした理由に一同は納得する。しかし、唯一納得できない先輩芸人がまさかの反撃を。さらに、涙あり、ドッキリあり、の恋愛告白を、女性芸人人気No.1の斎藤が見届ける。

連続ドラマ「100文字アイデアをドラマにした!」(毎週月曜深夜0時42分)の第3話、第4話の主演を務める今泉佑唯。この作品はテレビ東京とメディアプラットフォーム「note」がコラボした今までにない連続ドラマ。テレ東で見たいドラマを100文字で募集し、投稿されたアイデアの中からテーマが決定。その中から選んだシナリオを元に、さまざまなショートストーリーが綴られる。今回は投稿された「月がきれいですね」を元に、「彼女は『好き』が言えない」をテーマにしたラブストーリーを展開。そこで5つのショートストーリー

ページトップへ
Twitter Facebook