陣内智則秋元真夏乃木坂46)がMCを務めるスペシャル番組『ビッグ☆プレイ』(読売テレビ・日本テレビ系)が、3月28日(木)23時59分から放送。秋元が高さ30mの特製ブランコで吊り上げられて、靴飛ばしに挑戦する。

子供の頃に誰もがやったことのある遊びを究極までスケールアップして、大人が真剣に戦っていく同番組。

収録は、埼玉県川島町の旧・小見野小学校で敢行。公園のブランコに乗って靴を遠くまで飛ばす“靴飛ばし”をスケールアップした“スーパースカイシュー”では、巨大クレーンを使った高さ30mの特製ブランコに乗って、片方の靴をどこまで飛ばせるかを競う。

この競技のために、廃校となった小学校の校庭に26トンの巨大クレーン3台を使った特製ブランコを設置。スケールの大きさに、陣内も「バカじゃないの!? 深夜番組なのに! ホンマにお金かかってるんですよ!」と仰天する。

そして出場者には、キックボクシング界の神童・那須川天心が世界最高レベルのキックを駆使して挑戦するのをはじめ、トップアスリートから体力と運動神経に自信のあるタレント、さらには東大生や発明家の頭脳派まで、バラエティに富んだ豪華な顔ぶれが集結。それぞれが最後まで目の離せない熱戦を繰り広げる。

まずトップバッターは、元なでしこJAPANの丸山桂里奈。ブランコに乗って上空まで引き上げられた丸山は「怖い! ヤバい!」と絶叫。ビビりながらのチャレンジするも、ワールドカップ金メダリストの脚力を発揮する。

スニーカーコレクターとして知られるパンサー尾形貴弘は、お気に入りのスニーカーを持参。スニーカーについて語る座談会があると聞いてやってきたという尾形だが、プレミア付きの大事なスニーカーを30mの高さから蹴り飛ばし、大惨事に。

また肉体派に負けじと、頭脳派も活躍。人気番組『頭脳王』(日本テレビ系)で2連覇を果たしたスーパーエリート東大生・河野玄斗が、靴飛ばしの理論を構築してゲタで参戦。さらには、鳥人間コンテストの優勝者も登場し、翼の付いたグライダー型のサンダルで「100mの記録を目指す」と豪語する。特製サンダルは航空力学を計算して開発し、材質もこの大会に合わせたというが、その結果は?

さらに、様々な分野の猛者たちも集結。仮面女子川村虹花や元フェアリーJAPANの坪井保菜美らが挑戦。そして、秋元もMC席を離れて、緊急参戦することに。吊り上げられた空中で、「46mを目指す!」と意気込み、乃木坂46の制服姿でローファーを飛ばす。

戦いが白熱する中、サッカー元日本代表・巻誠一郎が登場。そして、最高記録への期待が高まるクライマックスに、満を持しての那須川キックが炸裂。好記録の連発で、50m超えの超スーパープレイも飛び出すという。

収録を終えた陣内は、「まず、バカバカしいなと(笑)」と明かしつつも、「その中にもみんな一生懸命にやっていて、真剣さがあって、よかったです。感動もありましたし、これは普通に競技としてできるんちゃうかなと思いました。最後は記録、記録の連続やったんで、見応えもたっぷりでした。那須川天心がプレッシャーに勝つのかどうか、彼のハートも見てもらいたいですね」と熱戦に感激した様子。

秋元は、「子供の頃にみんながやったことのある靴飛ばしを、こんなにスケールアップしたものとして見られるとは思っていなかったので、私もスポーツ観戦するように白熱しました」と振り返り、「自分もやらせてもらったのですが、難しかったし、もう少しこうすればよかったなと思いました。視聴者の方も、自分だったらどうするかなと考えながら見ていただけると思います」とアピール。

那須川は、「自分としては昔の遊びは好きなので、こういうことがやれてよかったですし、いろんな分野の人が出てきて、その人によってどんな結果になるのか、見ていても楽しかったです」と感想を明かし、「最初は『くだらないな』と思ったけど(笑)、やっている最中は、誰が記録を抜かすのかとみんな真剣になっていました。今回好評だったら第2回、第3回と続いてほしいですし、自分も参加したいです」とコメントを寄せている。

昨年9月15日、惜しまれつつ天国へと旅立った樹木希林さん(享年75)。その一周忌を間近に控えた9月10日(火)、テレビ朝日では樹木希林さんを偲ぶ特別番組を放送する。 卓越した演技力と比類なき存在感を携え、さまざまな映画・

ページトップへ
Twitter Facebook