内田理央が主演の木曜ドラマF『向かいのバズる家族』(読売テレビ・日本テレビ系、4月4日スタート、毎週木曜23:59~)。このほど主要キャストとして、白洲迅木下隆行TKO)、那智、小川紗良永野宗典山中崇藤井武美小野武彦高岡早紀が出演することがわかった。

本作は、SNSに翻弄される家族の崩壊と再生を描く、新しい形の家族ドラマ。内田演じる主人公・篝(かがり)あかりは真面目で周囲からの評判も良いカフェの店長だが、夜な夜な黒いバッグを抱え向かう場所があり、まったく違うもう一つの人格を持っている。そのことは家族や友人、同僚にも絶対に秘密だった。そんなあかりが、思わぬ出来事、ある動画がきっかけで“バズる”ことになり、突然“インフルエンサー”への坂道を登っていく。彼女をとりまく家族や周囲の人々もそれぞれSNSと関わっていて、あかりとの関係にも影響することになる。

白洲が演じるのは、あかりが勤めるカフェの常連客・皆戸涼太。あかりにとって理想の男性で、ある事件をきっかけにあかりは彼と急接近。涼太は、SNSを使って匿名で発信することを毛嫌いしていた。あかりは、自分の“もう一つの顔”が涼太にバレないようにと悪戦苦闘することに。そして、一見普通に見える篝家の家族はそれぞれが、SNSに翻弄されていくこととなる。

あかりの母・緋奈子を演じるのは、高岡。子育てが一段落したことを機に料理動画の投稿を始めたところ、その胸元に思わぬ反応が集まったことで、緋奈子は視聴者の要望に応えることに夢中になっていく。あかりの父・篤史には、木下。テレビ番組制作会社のプロデューサーで、自分が制作したドラマがネット上で炎上することで、SNSの世界に巻き込まれていく。あかりの弟・薪人には、ドラマ初出演となる新人俳優の那智。順調に就活をこなしながら、SNSでは“正義の剣“の名のもとに正義を振りかざすことを日課にしている。

そして、あかりの祖父・清史を小野が演じる。篝家の近所に住み、あかりが心を許せる唯一の存在であり、物語のキーパーソンにもなっていく。このほか、あかりが勤めるカフェの店員として小川、永野、父・篤史が勤める制作会社の同僚役として山中、藤井らが出演する。

新たに出演が決まったメンバーのコメントを以下に紹介する。

――今回の作品とご自身の役どころの印象を教えてください。

白洲:今回の作品のテーマがSNSということで、物凄くタイムリーで攻めたテーマだなと感じました。現代人にとってSNSは切っても切れない存在ですが、沢山の恩恵を受けている一方問題も起きています。そんなSNSを題材に、どんな風にお話が展開していくのか怖さも少しありつつ……笑、すごく楽しみです。僕が演じる皆戸涼太は「いつの日か自分のジムを持つ」という夢を抱いている青年ですが、まっすぐすぎてちょっとズレていて(笑)、演じるのが楽しみな役柄です。SNSとの関わり方は、便利なツールとして使いつつも、どこか苦手意識を持っている人物で、世の中にはそんな人も少なからずいると思います。そういった目線も考えて演じていけたらと思います。

木下:おもしろい番組を作っても発信する怖さを敏感に、そして慎重に感じないといけない今の時代。コンプライアンスの感度を狂うと一瞬で番組が終わってしまう今の時代。今回はその制作サイド側の役をさせていただくので、その緊張感・ピリピリ感を楽しみたいと思います。

那智:『向かいのバズる家族』という題名の通り、今の時代ならではのSNSと家族を中心にした物語となっています。大事な家族だからこそ、バレたくないことや秘密にしたいことはあり、「家族のあり方ってなんだろう」とすごく考えさせられる作品です。私が演じる薪人は世間で言われるところの「いい子ちゃん」ですが、正義感が強すぎるところや曲がったことがとにかく嫌いで真面目で繊細な心を持った青年というのが台本を読んでみて最初に感じた印象です。

小野:「SNS時代真っただ中だからこその作品」というのが一番の感想です。僕は一家のおじいちゃんなので、年齢的にアナログに親しんでいた時間が長いですが、その中でSNS世代の一家とどう絡んでいくのかが楽しみです。うざったいという感じではなく、好かれているおじいちゃんの役だと感じます。

――本作への意気込みと視聴者の皆様へのメッセージをお願いします。

白洲:この作品は、登場人物それぞれがそれぞれの形でSNSに触れて変化していきます。たくさん共感してもらいたいですし、何よりコメディなので、たくさん笑っていただけるよう、全力でまっすぐに! 頑張りたいと思います!

木下:大人も子供もSNSをする今の時代だからこそできるドラマの設定だと思います。美化せずリアルなところがおもしろいし、怖い。まさに今の時代を描いたドラマだと思うので家族と一緒に見てください。あなたの家族があのフォロワーさんかも。

那智:今回が僕のドラマ初出演作品です。不安もたくさんありましたが、それと同時にワクワクする気持ちや楽しみな気持ちが強くあります。キャストやスタッフの皆さんと一緒に『向かいのバズる家族』という作品に関わらせていただけることに感謝し、精一杯作品にぶつかっていきたいと思います。老若男女全ての人たちが、すごく身近に感じられることがたくさんあると思います。「確かにこういうことある!」と共感して頂けることが絶対にたくさんあると思うので、是非ご覧下さい!

小野:年齢を重ねた一家のおじいちゃんとして役割を全うしようと思います。今後ドラマがどうなっていくかが楽しみです。視聴者の皆さまのほとんどはSNS真っただ中の世代だと思うので、自分とドラマの共通の部分、例えば「私はあそこまではしない」など自分自身との見方と見比べながら楽しん頂きたいと思っています。

高岡:この作品は、SNSという「イマドキ」のツールを使うことによる、今まであるようでなかった「家族」の物語だと思います。見えてくるのは、それぞれの本当の姿なのか、嘘の姿なのか……。私自身も興味が湧いています。皆さまも是非楽しみにしていて下さい。

ページトップへ
Twitter Facebook