超優秀なハッカーと出会えるバーと中継

マツコ・デラックスが番組スタッフと企画会議を行い、今話題のディープな場所と中継を結んで、そのエリアを深掘りしていく番組『マツコ会議』(日本テレビ系、毎週土曜23:00~)。3月9日の放送は超優秀な“ハッカー”たちと出会えるバーと中継を結ぶ。

「ハッカー」とは、コンピューターに関して深い専門知識を持ち、その技術を利用する人のこと。一般的に、コンピューターで悪いことをする人だと思われがちだが、実は業界では、悪意を持ったハッカーを「クラッカー」と呼び、善意のハッカーを「ホワイトハッカー」と呼び、区別しているのだという。

今回は、そんな「ホワイトハッカー」たちが集まる六本木の「ハッカーズバー」に潜入。店内では、ハッカー兼オーナーの浜辺さんが中継班をお出迎え。さっそくマツコが「ハッカーって言葉を日本語に訳すとしたら、何が一番適切?」と質問を投げかけると、浜辺さんは「ハッカーは、すげぇ奴やべぇ奴」と回答。独自の目線でハッカーを表現する。

さらに、このバーでは、ハッカーの店員さんがパソコンでシステムを作り上げる様子を店内のモニターで見ることができるのだとか。この日は、人のしゃべった言葉を解析して画面上に文字にして映し出してくれるシステムが公開中。店員さんが、「動画を撮りながらテキストを起こしてくれたら便利だと思って」と、このシステムを開発した動機を語ると、マツコは感心しながら、「うちの親父がメールできないのよ。だから音声でメール打てるようになったらスゴい便利」と、さっそく利用方法を思いつく。

また、個性あふれるバーのお客さんたちも続々登場。オーナーの浜辺さんにオリジナルのアプリゲームを約30分で作ってもらった2人組の女性客や、奥さんのために、ある便利なシステムを開発してあげた凄腕の外国人男性ハッカーなどに話を聞いていく。

そして、中継班は、ITエンジニアにばかり恋してしまうというアラサーの女性客と遭遇。消極的なITエンジニアの男性に対して、彼女が行っているという衝撃の婚活アピール方法に、マツコは「それ逆効果だって!」と思わずダメ出しをしてしまう。どうしても結婚したいという彼女に、マツコは「結婚って、本気で結婚しようと思って行動してるとできるらしいよ。いい出会いがあるといいな~って思ってるとダメだって」と真剣にアドバイス。果たしてマツコの言葉は彼女に響くのか?

番組の最後には、オーナーの浜辺さんが中継の間に作った番組オリジナルゲームも公開。その完成度には、マツコも驚いてしまう。

【配信終了日:9月24日(火)】動画はこちら街の人への何気ないインタビュー映像をきっかけに、笑福亭鶴瓶とゲストがよもやま話を展開するトークバラエティ「チマタの噺」(毎週火曜深夜0時12分~)。9月17日(火)の放送は、ゲストに池松壮亮が登場。子役としても活躍し、芸歴が長い池松。鶴瓶はそんな池松の出演している作品でお気に入りだという映画『セトウツミ』の話を始めます。劇中で関西弁を喋る池松を見て「関西の人かと思った」という鶴瓶。池松は福岡出身ながら、共演者の菅田将暉のネイティブな関西弁に引っ張られて

ページトップへ
Twitter Facebook