2月20日に放送される北川景子が主演のドラマ『家売るオンナの逆襲』(日本テレビ系、毎週水曜22:00~)の第7話では、イモトアヤコ演じる白洲美加が太ももを露わにボウリングをするシーンが。

同ドラマは、2016年夏に連続ドラマとして、2017年5月にはSPドラマで放送された『家売るオンナ』の続編。北川演じる天才的不動産屋・三軒家万智が、顧客の問題を解決しながら、華麗に家を売りまくる痛快ストーリー。万智の「GO!」「私に売れない家はない!」をはじめとした名セリフや破天荒でクール、一方でコミカルな演技も話題になった。

第7話で万智は、輝く女性社員の活躍をアピールするために会社が立ち上げた「ウーマンプロジェクト」のメンバーに選ばれ、キャリアウーマンの朝倉雅美(佐藤江梨子)と、ワーキングマザーの宇佐美サキ(佐津川愛美)と共にプロジェクトを進めることに。しかし、既婚者だが子供はいらない主義の雅美と、ワーキングマザーである自分の価値観が絶対と信じるサキの意見は衝突してしまう。

そんな中、万智の夫である屋代大(仲村トオル)は、ちちんぷいぷいで美加が連れてきたバイト先の上司・三郷楓(真飛聖)と再会。万智と屋代の関係を壊そうと画策する美加は、屋代に三郷を猛プッシュして……。

<第7話あらすじ>
仕事に手を抜かない万智(北川)に好感を持った雅美(佐藤)は万智に家探しを相談し、ストレス発散のために万智と庭野(工藤阿須加)を趣味のボウリングに誘う。意外にもボウリングがド下手な万智は驚異のスコア0を叩き出す。

その頃、連日仕事で帰りが遅い万智に密かな不満を抱く屋代(仲村)は美加(イモト)のバイト先の上司・三郷楓(真飛)に再会し、距離を縮める……。

一方、留守堂(松田翔太)への出口の見えない思いを抱える足立(千葉雄大)は、仕事でもミスを連発し、売り上げが低迷中。留守堂が万智に抱くただならぬ思いに気付きながらも、抑えきれない気持ちは爆発寸前で⁉

A.B.C-Z(橋本良亮、戸塚祥太、河合郁人、五関晃一、塚田僚一)が主演を務める『ワンモア』(メ~テレ、毎週月曜24:15~)の第2話「大人が制服着て何が悪い」が、4月12日に放送された。インターネット上では、塚田演じる空田公平の“学生”と“父親”の間で葛藤する姿が大絶賛されていた(以下、ネタバレが含まれます)。

ページトップへ
Twitter Facebook