様々なジャンルの映画が登場する人気番組『金曜ロードSHOW!』(日本テレビ系、毎週金曜21:00~)では、3月8日に超話題作『カメラを止めるな!』を完全ノーカットでテレビ初放送することが決定した。

今作は製作費300万円と超低予算のインディーズ映画として、都内のミニシアター2館で上映がスタート。そこからSNSなどで瞬く間に口コミが拡がり、さらに芸能人や著名人からも大絶賛の嵐を受け、興行収入は30億円を突破、累計350館以上で上映されるなど社会現象を巻き起こし、異例の大ヒットを記録した。「日本アカデミー賞」の優秀賞を8部門受賞したほか、国内外でも多くの映画賞を受賞するなど世界を席巻! まさに2018年の映画界を代表する1本だ。

巧みな構造と緻密な脚本、そして予想の遥か上を行く展開に、一瞬も目が離せなくなること間違いの本作。新人監督と無名の俳優たちが作り上げた、これまで誰も見たことがない最高のエンターテインメント作品は必見だ。

また、放送中には、上田監督と出演者の濱津隆之真魚しゅはまはるみ秋山ゆずきが副音声に登場し、撮影の裏話やマル秘エピソードなどを語る企画も。生解説の様子は『金曜ロードSHOW!』の公式TwitterなどのSNSで、ライブ配信される。

上田慎一郎監督は「まさかまさかの早くも地上波ということで、新たな方々に作品が届くことを本当に嬉しく思っております。この映画はお子さんからおじいちゃん、おばあちゃんまで笑って楽しめるゾンビ映画……なのか!? になっております。ぜひ見てください!」とコメントを寄せた。

なお、日本テレビでは3月11日に放送される『映画天国』(毎週月曜25:59~※関東ローカル)にて、上田監督長編作品『お米とおっぱい。』をテレビ初放送する。長回し(ワンカット)や個性的なキャスティングなど『カメ止め』ファン必見の作品となっている。

『リング』に登場する貞子は、紛れもなくジャパニーズ・ホラーを代表するキャラクターの一人だ。20年以上も前から続くこのシリーズ最新作のタイトルは、満を持して(無印の)『貞子』と発表された。主演を務める池田エライザは、本作に対してどのような姿勢で臨んだのか。そして、聡明な知性でこの物語をどう解釈したのだろう。自らを「過集中」とまで語る集中力と、「愛するということ」を彼女の中でどう定義しているかについても伺った。ないがしろにしたくない、疎かにしたくない。この気持ちが私の原動力です。――主演されている『

ページトップへ
Twitter Facebook