グラビアアイドルの星名美津紀が、1月26日放送の『有吉反省会』(日本テレビ系、毎週土曜23:30~)に出演し、「ベストオブ巨乳と呼ばれているにも関わらずSNSでその巨乳を見せずにインコだらけになっていること」を反省した。

有吉弘行が司会を務める同番組では、ゲストの「反省人」たちが過ちを告白&懺悔。毒舌タレントが「反省見届け人」として参加し、最後に反省人が行う「禊」を見届ける。今回の反省見届け人は、バカリズム大久保佳代子博多大吉

2012年に自慢のHカップを武器にグラビアデビューし、巨乳専門誌でベストオブ巨乳にも選ばれた星名。そんな、今人気急上昇中の彼女が愛してやまないのが、インコだという。

現在、星名は、コザクラインコのみーちゃん、モモイロインコのらぶちゃん、オカメインコのももちゃんと、3羽のインコを飼っているそうで、自身のSNSも毎回インコだらけ。食事のときも歯磨きのときも昼寝のときもゲームをするときも、星名の肩や頭にはインコが常駐しており、これっぽっちも自慢の巨乳は登場せず。しまいには、インコの匂いをかいでうっとりする動画をアップするなど、セクシーさゼロの投稿に、ファンからは「正直、インコはもう十分です!」や「ベストオブ巨乳を見せてよ!」など不満の声も。

スタジオに登場した星名は、インコの魅力を力説。「インコは懐かないじゃない」という有吉に対しては、「結構寄ってきますね、感情はあります」と反論した。さらに「目が死んでいるじゃん」と譲らない有吉に、「意外と表情があるんですよ」と主張。さらに、インコの気持ちを当てるインコクイズを出題し、インコにも感情があることを強調した。

しかし、それでも有吉らはインコに興味を持つことができず、どちらかといえば星名の巨乳に興味津々。星名のインコトークを遮り、「いいから縄跳びしてくれないかな?」とリクエストして笑わせた。

現在、友達や彼氏もおらず、インコだけが生きがいの地味な生活を送っているという星名は、唯一の趣味として、「貯金が大好き」だとアピール。将来的にはその貯金で土地を購入し、さらに、購入した土地を転がして、老後は苦労しないようにしたいという。これまでインコ第一だった星名の「老後のため」発言には、バカリズムも「鳥のためじゃねーのかよ!」とツッコんでいた。

そんな星名への禊は、「巨乳界のレジェンド・大原がおりさんとグラビア撮影」に決定。大原の巨乳をアピールした写真に対して有吉は、「この写真は相当写りがいいですからね、本物はもうちょっとシワシワでございます」と、その場にいない大原に辛辣だった。

番組にはこの他、元フジテレビアナウンサーで、昨年定年退職してフリーアナウンサーになった牧原俊幸が登場。「マジシャンとしても活動を始めたが、マジックのクオリティが低すぎること」を反省した。

ページトップへ
Twitter Facebook