左から、山本耕史、平岳大、榊原郁恵、ともさかりえ

坂口健太郎主演ドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』(日本テレビ系、毎週土曜22:00~)の第3話(2月2日)に山本耕史平岳大、第4話(2月9日)にともさかりえがゲスト出演、さらに、坂口が演じる黒川拓の母親役を榊原郁恵が務めることがわかった。

このドラマは、若き弁護士・黒川拓(坂口)の奮闘を描いたヒューマンリーガルエンターテインメント。黒川は、有罪率がほぼ100%といわれる日本の裁判で、無実の人の冤罪を晴らすため、執念と情熱、そして科学を武器に、冤罪事件を解き明かしていく。

毎話豪華ゲストが登場し、これまでも第1話に吉田栄作、第2話に仙道敦子山田裕貴が出演。第3話では、医療事故が起こった大病院の外科副部長の磐梯(ばんだい)を山本、磐梯の同期で「医療ミス」の罪を着せられる外科医・雲仙を平が演じる。

また、第4話では、後輩女性社員を殺害したとして逮捕・起訴された女性・小笠原(おがさわら)奈美役で、ともさかが出演。ともさかと、新人弁護士・和倉楓を演じる川口春奈は、大人気ドラマシリーズ『金田一少年の事件簿』で、主人公・金田一一の幼馴染でヒロイン・七瀬美雪を演じており、奇しくも“W美雪”の共演となる。さらに、拓の母で、エリート検察官・黒川真の妻、黒川麗を榊原が演じる。

山本らゲスト出演するキャストからコメントが到着。以下に紹介する。

<山本耕史>
“弁護士ドラマ”と聞くと、難しい内容を想像しがちですが、このドラマは「冤罪」をテーマにする事で、誰もが身近に感じられるドラマになってると思いました。今回僕は磐梯という外科副部長役を演じさせていただきましたが、彼が巻き込まれる冤罪も、現代の世の中の仕組みに思いがけずして巻き込まれる……という、職業は違えど、働く人達にとってはどこか通じるテーマなのかなと感じました。

<平岳大>
今回は医療ミスで窮地に追い込まれてしまう、現場主義の実直な医師を演じさせて頂きました。いままでは、そういう人物を追い込む意地悪な病院経営者の役が多かったのですが、今回は新鮮な気持ちで坂口くんと春奈ちゃんコンビに助けてもらいました。演出家と坂口くんが、色々と試行錯誤しながら役を作り上げていく姿が印象深かったです。

<ともさかりえ>
悲しいお話に苦しくなり、特に接見室や法廷シーンは心が折れそうになりましたが、坂口さんの透明な美しさと強さに支えられました。そしてカメラが回っていない時間は大好きな市川実日子ちゃんとお喋りして大笑いして幸せな時間でした。川口春奈ちゃんとは互いに金田一の美雪役を演じてきましたが、私が演じていた初期のシリーズを物凄く詳しく覚えていてくれて、懐かしい話で盛り上がり時間が足りないくらいでした。

ページトップへ
Twitter Facebook