坂口健太郎川口春奈が11日、日本大学法学部で行われた新ドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』(日本テレビ系、1月19日スタート、毎週土曜22:00~ ※初回は15分拡大SP)の特別先行試写会に出席。坂口は「弁護士を目指す法学部の学生さんの前で、弁護士役について語るのはとても緊張しますね」と苦笑いを浮かべていたが、学生たちから温かい拍手が巻き起こると安堵の表情を浮かべた。

本作は、一人の若き弁護士・黒川拓(坂口)が、科学者やジャーナリストたちの協力を得て、意外な実証実験で冤罪事件を解き明かしていく姿を描いたヒューマン・リーガル・エンターテインメント。

この日は、学生からの質問に答える形でイベントは進行。坂口は弁護士を演じる魅力を聞かれると、「人の思いに流されない弁護士の強さや、法の力の強さを実感できるところ」と回答。続けて役作りで大変だったことを聞かれると、「僕が演じている黒川拓という弁護士は、ゆるい感じでつかみどころがない人。そんな彼の法廷での姿と日常の姿のバランスの取り方が難しかった」と心情を吐露していた。

一方、拓に反発しつつも、共に調査活動をする新人弁護士・和倉楓を演じる川口も「普段大学にお邪魔する機会もなく、さらに法学部の皆さんの前に登場するということで緊張しています」と語っていたが、学生たちから第1話目について好意的な感想を聞くと「いま法律を学んでいる人がドラマを見てどう思ってなにを感じたのか興味があったので、いろいろな意見を聞けてうれしい」と笑顔を見せていた。

さらに川口は「改めて冤罪というのは、誰の身にも起こることなんだ感じています」とドラマに参加して感じたことを述べると、坂口は「拓の好きなところは、どんなことがあっても折れないところ。最初は試行錯誤だったのですが、いまはどんどん新しい発見があります」と話が進むにつれて役柄が広がっていることを明かしていた。

本イベントには法律監修を務めた山谷光一弁護士も参加した。

杉咲花演じる主人公・的場中(アタル)が、職場での人間関係や仕事との向き合い方に悩む同僚社員たちの心を“特殊能力”で救っていくドラマ『ハケン占い師アタル』。 1月17日(木)に放送された第1話では、社会人経験のないアタルが

ページトップへ
Twitter Facebook