大親友の生駒里奈と市來玲奈アナ

1月13日(日)に放送される『行列のできる法律相談所 さんまVS怒れる美男美女軍団3時間スペシャル』(日テレ系、19:00~)で、生駒里奈市來玲奈アナウンサーにドッキリを仕掛けたことがわかった。

乃木坂46の1期生として、オーディションの頃から一緒だった2人。当時から仲がよかったが、2014年に市來アナは学業に専念するため、乃木坂46を卒業する。それからも市來アナは生駒を「本当に大好きで、誰かに何かを相談したいって時は、必ず生駒ちゃん」と言うほど、大親友の2人。

卒業後、テレビ初共演にあたり生駒は「“元アイドル”に当たる風っていうのが、めちゃくちゃ強くて、だからこそ、れなりん(市來)には、アナウンサーとして成功して欲しい」という願いから、市來アナに「試練のアナウンサードッキリ」を仕掛けることに。市來アナがとあるクイズ番組の企画という設定で、生駒の主演舞台の裏側をリポート。出演者と舞台のスタッフが全面協力のドッキリを仕掛ける。

舞台の稽古現場に現れた市來アナは、「あぁ~生駒ちゃん!」と、思わずアナウンサーらしからぬ高いテンションで登場。「共演したいねって、ずっと言ってて、まさか……なんか……」と感動の再会に涙してしまう。何も知らない市來アナに、生駒は“ドアが開かない”、“インタビューするも、舞台監督の声が小さすぎて聞き取れない”、“差し入れのカップケーキを食べるも、味がなく不味い”など、小さなドッキリを連発で仕掛ける。ロケ中もロケ後も、このロケがドッキリだったと全く気付かなかった市來アナ。スタジオでVTRを見て、初めてドッキリだと明かされた市來アナの反応は?

番組ではほかに、MCの明石家さんま河野景子の20年ぶりの共演、和田アキ子のものまねでブレイクした新婚・Mr.シャチホコへの浮気ドッキリなど見どころがたくさんとなっている。

世の中の“今”を映し出すリアルドキュメントバラエティ『それって!?実際どうなの課』(中京テレビ・日本テレビ系、毎週水曜23:59~)。6月19日の放送は、ドラゴンボール芸人集団が、ボクシング元日本王者に勝負を挑む。

ページトップへ
Twitter Facebook