“どんぐり”に改名したことを反省した竹原芳子

大ヒット映画『カメラを止めるな!』でブレイクした女優の竹原芳子こと、どんぐりが、12月8日放送の『有吉反省会』(日本テレビ系、毎週土曜23:30~)に出演し、「知名度が一気にあがったのにもかかわらず、改名したこと」を反省した。

有吉弘行が司会を務める同番組では、ゲストの「反省人」たちが過ちを告白&懺悔。毒舌タレントが「反省見届け人」として参加し、最後に反省人が行う「禊」を見届ける。今回の反省見届け人は、バカリズム指原莉乃博多大吉

制作費わずか300万円、出演者は全員無名俳優にも関わらず、興行収入28億円を突破した大ヒット映画『カメラを止めるな!』に、プロデューサー役で出演し、インパクトを残した竹原。映画を見た人たちからは、「竹原芳子さんの笑顔強烈!」や「竹原芳子さん間寛平さんに似てる!」などと話題になり、一躍時の人に。しかし、名前が知られてきたにも関わらず、竹原は、「私、竹原芳子は9月13日をもちましてどんぐりに改名しました」と発表した。

竹原は改名の理由を「お年寄りの方からお子さんまで覚えていただける、わかりやすい名前にしました」と説明。9月13日に芸能事務所へ所属したことをきっかけに、“どんぐり”という名前で活動していくことにしたという。「せっかく名前を覚えてもらったところなのに、もったいないのでは?」という質問には「人の名前はなかなか出てこないので、もったいなくないです」と主張した。

急に“どんぐり”と名乗り出したことについて、周囲は困惑しているらしく、バカリズムは「改名テロですよね」と指摘し、笑いを誘った。また、最近はサインを頼まれることもあるそうで、現在は昔の名前の「竹原芳子」と、劇中の自身のセリフ「アツアツ!」と、新しい芸名の「どんぐり」を色紙に書いているのだとか。

そんな彼女は、現在58歳。『カメラを止めるな!』が映画デビューで、それまでは舞台に1回出ただけだと明かし、出演者を驚かせた。もともと証券会社に営業職として勤務し、その後、裁判所の事務職に転身。50歳で吉本興業の養成所であるNSCに入学し、『R-1ぐらんぷり』にも出場したという。NSCでは、コロコロチキチキペッパーズと同期で、コントなどにも挑戦。スタジオでは、「シンクロナイズドスイミング」という一発芸を披露し、有吉らを笑わせていた。

さらに、一本歯の下駄でなわとびを飛ぶオリジナル健康法を実践したり、好きな男性のタイプを告白したりと、その個性を存分に発揮。そんな“どんぐり”への禊は、「このあと、本当のどんぐりになって収録参加」に決定。どんぐりメイクを施されて登場した全身茶色のどんぐり姿にスタジオは騒然。有吉を「怖っ!」と怯えさせ、バカリズムからは「可愛くもなんともない」と酷評されていた。

番組にはこの他、ヴィジュアル系ロックバンド・己龍が登場。ボーカルの黒崎眞弥が「バンド結成11年にもかかわらず、いまだに自分の名前が書けないこと」を反省した。

日本が誇る世界的ギタリスト「MIYAVI」さん。 “ピックを使わず、指で弦を叩いてギターを演奏する”独自のスラップ奏法は、三味線の演奏からインスパイアされたもので、「サムライギタリスト」とも呼ばれています。 世界を舞台にこれまで300回以上のライブを行ってきたMIYA

ページトップへ
Twitter Facebook