11月27日放送の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系、毎週火曜19:56~)は、「この冬を熱くするホットな女が大集合SP」と題し、話題の女性芸能人が多数登場する。

ゲストは、初登場のカリスマクロスフィットトレーナー・AYAけやき坂46井口眞緒、ミス青山大学2017準グランプリの井口綾子王林(RINGOMUSUME)、SHELLY中野信子西山茉希橋本マナミハリセンボン近藤春菜箕輪はるか)、吉川美代子若槻千夏

「私は男をここで判断する」というテーマでは、橋本が「初デートのお店のグルメサイトの平均予算を調べる」と明かし、MCの明石家さんまから「いやらしいなぁ」と訝しがられる。橋本の感覚によると、ちょうどいい金額が7000~8000円とのこと。若槻もこれに納得し、高過ぎてもダメな理由を語る。中野からは、この2人の感覚が正しいとする脳科学的な根拠が。「男性側の収入が高過ぎる場合、DVが増えてくる」という中野の言葉から、普段高いお店に女性を連れて行くというさんまに“お笑いDV”の嫌疑がかかる!?

その中野は、男性を「女性が不機嫌なときにさりげなくフォローできるかどうか」という基準で判断しており、「これができたら即決まり」と断言。これは、男性が女性を優先できるかどうかということでもあるとのこと。さんまも「不機嫌とわかっててもフォローする優しさはない」と自覚。そこで中野が、女性の不機嫌を治すとっておきの方法を伝授。それは、甘いものとお風呂。なぜ、不機嫌な女性にこの2つを与えると不機嫌が直るのか……スタジオ中が納得したその理由は?

SHELLYの「いいなと思っている男性に対して、付き合う前に過去の恋愛の話を聞く」という方法にはさんまも女性陣もビックリ。「元カノのことを悪く言う人とは付き合わない」と語る。これに橋本は同意しつつも、「男性から聞かれたらなるべく話さない」と、過去に付き合った人数を聞かれたときの返事テクニックを披露する。

「男に言われてむかついた一言」というテーマでは、ここまで明快な分析を披露していた中野が大ピンチに。「かわいいと言われたい」という女性たちに、中野が「能力が低いと言われてるのと一緒」と主張すると、ハリセンボン近藤は「容姿がかわいいことは最高の才能。めちゃくちゃ得」と反論。これに中野は「そんなことない!(ハリセンボンの)お2人こそ能力が素晴らしい」と絶賛するも、2人からは「それって遠まわしにブスってことですか?」「容姿不合格ってことでしょ」と言われ、中野は自分の失言に頭を抱えてしまう。

また、王林が過去に好きだったという“エセ関西弁”をしゃべる男性のエピソードでは、王林からさんまにまさかの宣告が。さんまにとって長年の因縁となっている“青森県人との相性の悪さ”が露呈してしまう。

渡辺直美・吉村崇(平成ノブシコブシ)・青山テルマがMCを務める『あの人が「いいね」した一般人』(テレビ朝日系)。最終回となる9月21日の放送では、企業からのオファー、フォロワー約4万人増など、これまで番組に登場した人々のその後の恐るべき快進撃ぶりが明らかとなった。

ページトップへ
Twitter Facebook