明石家さんま大竹しのぶの結婚と離婚の全容を、芥川賞作家・又吉直樹の脚本でドラマ化。さんまを斎藤工が、大竹を剛力彩芽のキャスティングで、11月25日(日)19時からの『誰も知らない明石家さんま 3時間SP 初密着!さんま5つの謎を解禁!』(日本テレビ系)内で、ドラマ「さんまのいちばん長い日」として放送される。

ドラマでは、さんまと大竹は、なぜ結婚したのか、そしてなぜ離婚したのか、「芸能界の最大の謎」と言われる2人の出会いから結婚、離婚会見までを描き出す。

物語は、1992年9月9日、さんまが「人生でいちばん長く感じた」という離婚会見の日からスタート。「世紀の結婚」と言われるほど世の中を賑わした2人の結婚だったが、わずか4年でその結婚生活に終止符が打たれた。離婚会見は、芸能界でも前例のない、別れる2人が同じ日に同じ場所で行うというもの。実は、離婚会見の直前、これから離婚会見をする2人は同じ部屋にいた。そのとき、2人は何を話し、何を感じたのか。また、1986年のドラマ『男女7人夏物語』の共演で出会った2人が、どのように結婚に至ったのかを赤裸々に描写。さんまが大竹を愛した理由、そして、別れた今でも家族で食事をし、時には番組で共演する2人の不思議な関係性にも迫る。

ドラマの撮影後、さんまは大竹役を演じた剛力と、行きつけの焼肉屋で対面。さんまは剛力に、「ドラマのオファーをよく受けたな」と照れながら声をかけたという。また、今回のドラマ化にあたり、さんまが大竹に「剛力があなたの役やんねや」と伝えたところ、「似てる?」と聞いてきたというエピソードを披露。さんまは、「似てないわ、アホーっ」と言おうとしたが、「そういや若いときの雰囲気と似てんのとちゃう?」と、大人の返しをしたという。また、さんまの本人の役は斎藤が熱演。スタジオでドラマを見たさんまは、照れながらも、「斎藤工が演じるとかっこよくなるな~」と満足げな表情を浮かべるのだった。

斎藤は、今回さんまを演じるにあたり、「関西弁の演技で挑もうとしましたが、安いモノマネになってしまうより、自分ならではの“さんまさん像”を、自分を通じて表現しようと思い、役と向き合いました」と独自の演技プランを構築。撮影後は、全てを吸い取られた屍のようになったそうで、それほどさんまは“輝きが強い”と表現。そして、「表裏がないと有名なさんまさんですが、本当のさんまさん、さんまさんの“裏”に出会える作品になっていると思います」とアピールした。

一方で、大竹を演じた剛力は、「正直不安だったんですけど、しのぶさんは、普段どんな感じだろうとか、さんまさんと一緒にいる頃を想像しながら、自分の中で、しのぶさんの明るさや独特の雰囲気をイメージしながら演じました」と打ち明けた。剛力はさらに、「さんまさんは、しのぶさんや結婚生活のことなど、テレビでは面白おかしくお話されていますが、実は、電話のプロポーズの場面など、とってもロマンチストで、ちょっと照れ屋で、甘酸っぱくてキュンっとする一面を知ることができ、かっこいいなと思いました」と告白。最後は、「さんまさんの意外な一面や、パワフルで素敵な女性であるしのぶさんの絆を感じることのできる、お二人のドラマを純粋に楽しんで頂けると思います」とメッセージを伝えた。

また、ドラマには、東野幸治渡部建も出演しているそうで、どんな役どころで登場するのかにも注目したい。

水川あさみが主演を務める土曜ドラマ9『ナイルパーチの女子会』(BSテレ東、毎週土曜21:00~)の第5話が、2月27日に放送。水川演じるキャリアウーマン・志村栄利子が、山田真歩演じる主婦・丸尾翔子の日常を侵食していく展開に、インターネット上では「完全にホラー」「恐怖すぎる」などの声が上がっていた(以下、ネタバレが含まれます)。

ページトップへ
Twitter Facebook