NMB48でタレントの市川美織が、11月3日放送の『有吉反省会』(日本テレビ系、毎週土曜23:30~)に出演し、「SNSがカニカマだらけになっていること」を反省した。

有吉弘行が司会を務める同番組では、ゲストの「反省人」たちが過ちを告白&懺悔。毒舌タレントが「反省見届け人」として参加し、最後に反省人が行う「禊」を見届ける。今回の反省見届け人は、バカリズム友近博多大吉

2010年にAKB48の第10期生としてデビューし、2014年にNMB48へ移籍。「フレッシュレモンになりたいの~」というキャッチコピーと、レモンキャラで数々のバラエティに出演した市川だが、今年の5月にNMB48を卒業。現在は、モデルやYouTuberとして活躍しているという。そんな市川のSNSがカニカマだらけになっていると話題に。

SNSには、「これが今日分のカニカマです。30本、解体!」と山盛りのカニカマの写真がアップされていた。さらに、「コップに入れたほうが食べやすいです」や「カニカマづくしの料理です」などのコメントと共に、来る日も来る日もカニカマの写真ばかり。これにはファンからも「みおりんが食べるのはレモンじゃないの?」「いくらなんでも多すぎでしょ」と、心配の声があがっていた。

スタジオに登場した市川は、カニカマについて、「小さい頃からおやつとして食べていた」と説明。「ショックよ、ずっとレモンになりたいって言っていたじゃない」と文句を言う有吉に対して、「レモンになりたいのは変わっていない」と反論した。カニカマの話題も早々に、続いては市川の恋愛についてトークが展開。市川は、「タイプの方がこの中にいる」と発言し、その相手がバカリズムであることを告白。バカリズムが「変な人によく(タイプだと)言われる」と笑うと、有吉は、「(バカリズムと)どういう所にデートに行きたい?」と市川に水を向ける。

市川は「ホームセンター」と答えてみたものの、そこまで深くは考えていなかったようで、有吉に「ホームセンターに行って何するの?」と聞かれると、「何か……いろんな物買う」とぼやけた回答。これには有吉も「いい加減なことばっかり言うなよ!」とツッコみ、当事者のバカリズムも「もてあそんで、人のこと!」とクレームをつけるのだった。

そんな市川への禊は、「宇宙一辛いラーメンに入っているカニカマ完食」に決定。辛いものが好きだという市川が、これまでジェジュンや、シドのShinjiら、辛いもの好きが挑戦して敗れていった東京・初台「やぐら亭」の宇宙一辛い味噌らーめん「ほたる」にトッピングされたカニカマに挑む。

「いただきま~す」と笑顔でカニカマをほおばる市川だったが、やはり、その辛さに悶絶。カニカマを吐き出すと同時に、「ゴホッゴホッ」と咳き込み、舌をペロペロペロと冷やしていた。その様子を見た有吉は、「イジリー(岡田)さんじゃないんだから」と指摘。市川の「ごめんなさい~」という言葉で、今回の禊は終了となった。

番組ではその他に、ビジュアル系バンドVAMPIRE ROSEのボーカル・ローズ伯爵の禊である「母のためにスペシャルライブ!」を実行。ローズ伯爵の母”マザーローズ”が登場した。

『学校へ行こう!2021』(TBS系)が10月26日(火)19時から3時間にわたり生放送されるのを記念して、民放公式テレビポータル「TVer」では、『学校へ行こう!』の傑作選を配信中。1998年から2005年にかけて放送されたレギュラー回の名シーンをもういちど楽しむことができる。

ページトップへ
Twitter Facebook