新垣結衣松田龍平がW主演するドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系、毎週水曜22:00~)の第2話が、10月17日に放送された。今回は新垣演じる深海晶と田中圭演じる恋人・花井京谷の“出会い”が描かれた。さらに2人のキスシーンもあり、視聴者からは「くそ甘酸っぱいぜえええ!!!」「どちゃくそエロイ」などのコメントがインターネット上にあふれた。

同ドラマは『逃げるは恥だが役に立つ』『アンナチュラル』などのヒット作で知られる野木亜紀子が脚本を担当。常に笑顔で仕事も完璧だが、全方位に気を遣う“すり減らし女”の晶と、行きつけのクラフトビールバーで出会った毒舌な会計士・根元恒星(松田)が本音でぶつかり合う様子を、時に笑えるコメディで、時に切なくジリジリと描かれていくラブストーリー。

勤務するECサイト制作会社のワンマン社長・九十九剣児(山内圭哉)に、業務改善要求を突きつけた晶はさっそく有給休暇を取得し、以前派遣社員として勤務していた会社が主催するBBQへ。そこには恋人・京谷の姿もあった。2人は6年前、同じ会社に勤務していたのだ。派遣社員だが仕事ができた晶は、京谷の仕事を手伝うように。次第に2人は一緒に食事をとったり、お互いの恋人の愚痴をこぼしたりと仲が深まっていく。

しかし、晶には契約終了の時期が来てしまう。送別会のあと晶と京谷は2人きりでカフェへ。店員から「閉店です」と告げられるまで話し込む2人。しかし外はどしゃぶりの雨。ささいな会話の後の沈黙を破るように京谷は晶にキスをする。それは軽いキスだったが、その後京谷は晶を抱き寄せて約10秒間の長いキスを交わす。

ビッケブランカによる挿入歌「まっしろ」が流れる中でのロマンチックなシーンに、視聴者からコメントが殺到。「くそ甘酸っぱいぜえええ!!!」「尊すぎてニヤニヤ」「どちゃくそエロイ」などのコメントで盛り上がりをみせていた。

日本テレビ系8月12日よる10時スタートの新水曜ドラマ「私たちはどうかしている」。原作は講談社「BE・LOVE」で連載中、累計発行部数200万部超の「私たちはどうかしている」(安藤なつみ著、既刊12巻) 。浜辺美波演じる可憐で才能にあふれる和菓子職人、花岡七桜

ページトップへ
Twitter Facebook