女優の新垣結衣と俳優の松田龍平が7日、都内で行われた新水曜ドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系、10月10日スタート、毎週水曜22:00~)の完成披露試写会に共演の田中圭黒木華と登壇。“ラブかもしれない”恋を描いた本ドラマの内容に絡め、それぞれ初恋エピソードを明かした。

仕事終わりのクラフトビールバーで偶然出会った、人生うまくいっているようでままならない深海晶(新垣)と根元恒星(松田)の2人の恋の行方をコミカルに描く本ドラマ。脚本は『逃げるは恥だが役に立つ』の野木亜紀子が担当。全方位に気を遣うすり減らし女子のヒロイン・晶を演じる新垣は松田と11年ぶりに共演。撮影中の様子を聞かれると、どこか微妙な表情で「この前撮影したらフフフって笑っていて、なんで笑っているのかなって」と首を傾げた。

これに松田は慌てて反応。「新垣さんが素敵でつい顔がにやけてしまって……」と言い訳すると、新垣は落ち着いた様子で「嘘つくの下手ですね」とぴしゃり。新垣によれば松田は意外にも撮影中はとてもおしゃべりとのこと。この理由についても松田は「遊びに来ているんじゃないので、なるべく話さないようにしようとしていたんですけど、楽しくなっちゃって」と理由を明かし、照れくさそうな表情を浮かべた。

ドラマの内容に絡め、初恋がトークのお題となったが、新垣は「人生初めてのチョコは幼稚園の時」と明かし、「小さい頃、漫画が好きで、漫画はだいたい男性のほうが背が高くて、それが当たり前と思っていたんです。でもわたしは小さい頃から背が高いほうだったので、わたしより背が高い男の子は1人しかいなかった。それをラブかもしれないってチョコを上げたんですけど、今考えればラブじゃなかったかな……」と苦笑い。

黒木は「初恋の人は虫博士の前田君」と名前まで明かして小学校時代を懐かしそうに回顧。「遊びに行ったら蝶やザリガニが家の中で放し飼いにされていて、なんか森みたいで、かっこいいなって。小学校低学年くらいの時って足が速いとか、そういうことがかっこよく見えたころだと思うんですけど、わたしの場合は虫博士が好きだったんです」とコメント。

松田は「小学生の時は女の子にどう気持ちを伝えたらいいかわからなかったんです。だから好きな子にスカートめくりをし続けていたら女子全員から総スカンをくらってしまって……」と明かすと、田中もノリノリでこのエピソードに共感。「僕も小学校の時初恋の先生がいたんですけど。その先生が通るたびにスカートの下をスライディングしていました。その気持ちすごくわかります」とコメントして新垣、黒木を笑わせていた。

松井玲奈さん主演、鈴木仁さん出演のドラマ『30禁 それは30歳未満お断りの恋。』(毎週月曜24:00~最新話配信)が、FODで配信中。畑亜希美の同名漫画を原作に、結婚を意識しはじめた女性が、大人として理性や現実に迫られながらも、理想の恋を追いかける姿を描きます。

ページトップへ
Twitter Facebook