袴田吉彦、山口紗弥加

山口紗弥加が連続ドラマ初主演を務める『ブラックスキャンダル』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜23:59~)が、10月4日よりスタート。第1話では、山口演じる矢神亜梨沙が復讐に動き出すきっかけが描かれる。

同ドラマは、“謝罪会見”をテーマに、陰謀によって人気女優の座から地獄に突き落とされたヒロインの壮絶な復讐劇を描く物語。ねつ造された不倫スキャンダルと謝罪会見で芸能界を追われた人気女優・藤崎紗羅(松本まりか)は、5年後、整形して亜梨沙という別人に成りすまし、自分が所属していた芸能事務所「フローライト」にマネージャーとして潜入、自分を陥れた人間たちに復讐を誓う。

<第1話あらすじ>
5年前、ある記者会見場で突然、俳優の棚城健二郎(波岡一喜)が「申し訳ありませんでした!」と女優の藤崎紗羅と不倫をしていたと告白して、涙ながらに土下座をした。全く身に覚えのない紗羅は「え? ちょっと待ってください! どうしてそんな嘘を!」と驚愕する。「不倫なんかしていません!」という紗羅の訴えがかき消されていくのを、隅で所属事務所「フローライト」の社長、勅使河原友和(片岡鶴太郎)、マネージャーの花園由祐子(平岩紙)、テレビプロデューサーの五色沼仁(袴田吉彦)が冷ややかに見ていた。その様子を嬉々として写真に収める巻田健吾(片桐仁)もいた……。

世間は激しく紗羅をバッシングし、報道陣は紗羅の家族をも取材攻勢に巻き込んだ。そんな中で、追い詰められた紗羅の母はガソリンをかぶって焼身自殺をとげる。

そして現在、整形手術を受けた紗羅は別人に成り代わり、矢神亜梨沙と名乗って、芸能事務所「フローライト」にマネージャーとして勤務していた。「偽りの謝罪会見で私を地獄に落とした勅使河原友和、花園由祐子、五色沼仁。彼らをみんな、私と同じ地獄に突き落とす!」と亜梨沙は復讐心を燃やしていた。

ページトップへ
Twitter Facebook