中島健人Sexy Zone)と遠藤憲一が、刑事と泥棒という異色コンビで難事件に挑む土曜ドラマ『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』(日本テレビ系、10月13日スタート、毎週土曜22:00)の主題歌が、Sexy Zoneの新曲「カラクリだらけの テンダネス」に決定。この度、中島からコメントが到着した。

同ドラマは、中島演じる主人公の新米落ちこぼれ刑事・斑目勉と遠藤演じる伝説の大泥棒という立場も世代も違う2人がバディを組み、時に協力し合い、時に反目しながら数々の難事件と難敵に挑んでいく痛快クライムエンターテインメント。

今回発表された主題歌「カラクリだらけの テンダネス」は、異色のコンビ関係を、追いつ追われつする男女の恋愛になぞらえた、キャッチーで疾走感あふれる楽曲。どこか懐かしい雰囲気も感じる“大人カッコイイ楽曲”がドラマの世界観を華麗に彩る。

この決定に対して中島は「ドラマ『ドロ刑』主題歌を、Sexy Zoneが歌わせて頂けることになりました。Sexy Zoneの楽曲が、ドラマ主題歌になることがとても嬉しく、グループを代表して大きな声で感謝を伝えたいです! ドラマの内容にマッチした楽曲になっており、音楽面からも『ドロ刑』のカッコいいドキドキ感を盛り上げられると思います。今回、僕たち史上、本当にカッコいい曲が出来上がりました。振り付けもポイントなのですが、こちらも僕たち史上、本当にキャッチーな振り付けが生まれてしまいました(笑)。 みんなが踊れるカ・ラ・ク・リになっており、実はもうエンケンさん(遠藤)も踊れます(笑)。誰もが踊れる“セクシーカラクリダンス”が平成最後の冬、誕生します! ドラマと共に、楽曲にもご注目下さい」と、喜びのメッセージを寄せた。

人気ドラマ『おっさんずラブ』の新シリーズ、土曜ナイトドラマ『おっさんずラブ-in the sky-』(テレビ朝日系、毎週土曜23:15~)が、11月2日から放送がスタート。このたび主演の田中圭演じる“はるたん”こと、春田創一を取り巻く3人の男性(吉田鋼太郎、千葉雄大、戸次重幸)との“ラブシーン”写真が公開された。

ページトップへ
Twitter Facebook