小川紗良

小川紗良が、10月4日にスタートの山口紗弥加主演ドラマ『ブラックスキャンダル』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜23:59~)に出演することがわかった。

同ドラマは、“謝罪会見”をテーマに、陰謀によって人気女優の座から地獄に突き落とされたヒロインの壮絶な復讐劇を描く物語。人気女優として活躍していた藤崎紗羅(松本まりか)は、根も葉もない嘘の不倫スキャンダルが報道されてしまう。紗羅が釈明会見を開こうとしていた矢先、不倫相手とされた棚城健二郎(波岡一喜)が現れ、不倫を認めてしまう。紗羅は、世間から激しいバッシングを受け、芸能界から追放される。5年後、紗羅は整形して「矢神亜梨沙」(山口)という別人に成りすまし、自分が所属していた芸能事務所「フローライト」にマネージャーとして潜入し、自分を陥れた人間たちに復讐を誓う――。

小川が演じるのは、亜梨沙が潜入するフローライト芸能2部所属の若手女優・小嶋夏恋(こじまかれん)。容姿端麗で才能もあるが、毎回もう少しの所でチャンスを逃し続けている夏恋だったが、亜梨沙が担当することになってからは甘い考えを捨て去り、「芸能界で女優として生きていく」覚悟を決める。すると、あらゆる方法を駆使してチャンスを掴み、メキメキと頭角を表わしていくという役所だ。

今回の出演について「芸能界での復讐劇というテーマを知った時、かなり攻めた作品だなと感じました。ドラマの舞台は芸能界ですが、芸能界でなくても世の中には理不尽や怒りが溢れていると思うので、たくさんの方に共感しスッキリしていただける作品になればと思います。また、小嶋夏恋という役所はすごくまっすぐで真面目な印象を受けました。それ故に失敗してしまうこともあるのですが、夏恋らしく夢を一途に思いながら乗り換えていければと思います」とコメント。

小川は、「連続ドラマで大きな役所をいただくのは初めてなので、今は緊張と楽しみな気持ちと半々です。夏恋の中々うまくいかない時期の気持ちや、それでもこの仕事を続けていきたいという気持ちはよく分かります。そんなリアルな葛藤や喜びが視聴者の方々へ届けば良いなと思います。夏恋らしくまっすぐ真面目に夢を持ってやっていきますので、ぜひ、見届けてください」とアピールした。

現在、早稲田大学に在学中の小川は、これまでドラマ『崖っぷちホテル』(日本テレビ系、第8話ゲスト出演)、映画『聖なるもの』(主演)映画『ウィッチ・フウィッチ』(主演)などの作品でも活躍しており「インディーズ映画の若き女王」としても知られた存在。是枝裕和監督の下で学びながら映画監督としても「最期の星」など自身の監督作品がぴあフィルムフェスティバルなど各映画祭に入選するなど、才能あふれる若手だ。そんな彼女が、地上波連続ドラマで本格的な出演を果たすとあって注目もひとしお。なお、小川が監督・出演している映画『BEATOPIA』(主演・佐久間悠)を含むコンピレーション作品『愛と、酒場と、音楽と』が、9月29日(土)から渋谷ユーロスペースにて公開される予定だ。女優業とあわせて、監督としての小川の顔もチェックしていただきたい。

佐藤浩市と天海祐希が共演するテレビ東京開局55周年特別企画ドラマスペシャル『Aではない君と』が、9月21日(金)21時から放送される。本作は、第37回吉川英治文学新人賞受賞を受賞した、薬丸岳の同名小説が原作で、大手建設会社に勤める吉永圭一(佐藤)が、離婚した妻から、離れて暮らす息子が同級生への殺人容疑で逮捕されたという知らせが来たことから始まるヒューマン・サスペンス。

ページトップへ
Twitter Facebook