}

10月4日にスタートする山口紗弥加が主演のドラマ『ブラックスキャンダル』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜23:59~)。このほど新たに、安藤政信松井玲奈若葉竜也森田甘路、小川紗良、松本まりか片桐仁平岩紙片岡鶴太郎が出演することが発表された。

同ドラマは、“謝罪会見”をテーマに、陰謀によって人気女優の座から地獄に突き落とされたヒロインの壮絶な復讐劇を描く物語。人気女優として活躍していた藤崎紗羅(松本)は、根も葉もない嘘の不倫スキャンダルが報道されてしまう。紗羅が釈明会見を開こうとしていた矢先、不倫相手とされた棚城健二郎(波岡一喜)が現れ、不倫を認めてしまう。紗羅は、世間から激しいバッシングを受け、芸能界から追放される。5年後、紗羅は整形して「矢神亜梨沙」(山口)という別人に成りすまし、自分が所属していた芸能事務所「フローライト」にマネージャーとして潜入し、自分を陥れた人間たちに復讐を誓う――。

亜梨沙が整形する前の紗羅を演じる松本は、役について「私の演じる藤崎紗羅は、主人公の整形前、復讐に目覚める前の矢神亜梨沙。物語の根幹を担い続ける重要な役であり、山口紗弥加さんと2人で一役というこのプレッシャーにワクワクが止まりません! ブラックスキャンダルから這い上がり、その激しい憎悪によって生まれた亜梨沙と言う名の黒鳥を、より美しく恐ろしく際立たせられるよう、清廉潔白、凛とした紗羅を、とことん“白”に徹して演じられたらと思います」と意気込みを語った。

「フローライト」芸能1部所属の女優・阿久津唯菜を演じる松井は、「私が演じるのは、売れっ子女優の役。亜梨沙の協力者として裏で手引きをする役どころは、やりがいがありそうです」と意味深に語る。また、「芸能界の華やかさも黒い部分も、両方を描いた作品。この作品で描かれることが芸能界の全てではありませんが、似たような部分も少なからずあるのかもしれません。ひとつのフィクション作品として楽しんでいただき、亜梨沙の復讐劇にスカッとしてもらえると嬉しいなと思います」と見どころをアピールした。

中川大志が、3月14日(土)21時から放送されるBS-TBS開局20周年記念ドラマ『左手一本のシュート』(BS‐TBS)で主演を務めることが決定し、1月25日に都内で行われた記者会見に出席。中川演じる主人公・田中正幸の高校バスケ部顧問役で駿河太郎、中学バスケ部顧問役で石黒賢、母親役で永作博美が出演することも発表された。

ページトップへ
Twitter Facebook