石原さとみ主演ドラマ『高嶺の花』(日本テレビ系、毎週水曜22:00)で、大貫勇輔が演じる神宮流家元候補の神宮兵馬が、回を重ねるごとに人気が上昇。8月29日に放送された第8話では、和服姿の兵馬について「色気ありすぎてクラクラする」「兵馬様が本物の御曹司に見えるのは、やっぱり身体つきかな?」などと、インターネット上で盛り上がっていた。また、兵馬の身の回りの世話をする青年モブ(山中柔太朗)が登場すると、「モブくんと家元…何かあるぞ…(期待)」と、一層ざわつかせていた。

岡田結実主演の連続ドラマ『江戸モアゼル』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜よる11:59 〜)の第2話が1月14日に放送された。江戸時代から現代にタイムスリップしてきた花魁の仙夏(岡田結実)は、泉美(吉谷彩子)の会社の社長・鳥居直樹(前田公輝)が江戸時代の思い人・直次郎に違いないと興奮を隠せない。「私はもう一度、直次郎さんと巡り合うためにこっちに来たんだよ」と熱く語る仙夏に、Twitterでは、「チャーミングすぎ」「甘酸っぱい」「直さんのことを話す仙夏ちゃんの表情の柔らかさ……素敵だなぁ」と...

ページトップへ
Twitter Facebook