8月28日放送の『踊る! さんま御殿』(日本テレビ系、毎週火曜19:56〜)。夏休み特別企画として、女優の香音恒松祐里鈴木梨央高橋ひかる谷花音、モデルのみちょぱ、伊藤桃々久間田琳加中野恵那浪花ほのか若林萌々NGT48メンバーの荻野由佳、東京五輪候補の今井月と、13歳から19歳まで各分野で活躍している女子たち出演。恐れを知らない10代だけに、ベテランの明石家さんまもタジタジとなる一幕も。

オープニングでは、さんまが若い女子たちを前に「よくわからない」と困惑の様子。中野から「ちゃんえなって呼んでください」と無邪気に要求されたり、逆に伊藤にあだ名を提案するも「いやいや」とすげなく断られるなど、彼女たち10代のペースとまったく噛み合わなず……。

さらには、さんまが最近覚えた「マジ卍」もみちょぱから「終わってる」と言われ、最近の流行りを教えてもらうことに。まずは、ショートムービーアプリ「TikTok」で流行っている「グイ縦グイ横」を教わるも、「めんどくさいな!」とまったくついていけない。また、「好き」のことを「すこ」と言うと聞いてポカン。「お前のことすこや」と言ってみるもしっくりこないようで、さらに荻野から「さんまさんにやってもらいたいことがある」と、TikTokで流行っている「全力〇〇」をやってみることに。「全力笑顔!」「全力泣き顔!」と言われたままにやってみるさんまだが耐えられず怒り出してしまう。

途中、自分のことを「おいら」と言ったさんまに対し、女子たちから「江戸時代ですか」と笑われる場面も。そんなさんまに、「生まれる前のことを言われてもわからない」と、みちょぱがクレーム。よく収録で盛り上がるというある番組の名前を出すとさんまから「俺がやってたやつな」と言われて仰天。そのことを知らなかったみちょぱにさんまもビックリしてしまう。フォローのつもりでさんまが「BIG3やからな」と言うも、“BIG3”の3人がさんまのほかに誰なのかも10代女子は曖昧。ビートたけし、明石家さんま、もう1人として挙がったのは!?

このほか、「父親が若い子の格好を真似する」(恒松)、「メッシュバッグを母親が洗濯ネットに使った」(香音)、など、親との世代間ギャップエピソードで盛り上がる中、さんまは浪花の“ワンショル”ファッションに対し、「ターザン」と昭和丸出しのコメントを。さらに、「(娘の)IMARUだったら抵抗ある」と露出の多さにも顔をしかめる。しかし本人には直接それを言うとケンカになるため、「心の中で叫んで、実際は『似合うね』って言う」と明かすと、女子たちから「かわいいー!」という声があがり、さんまは思わず照れてしまう。

さらに、「明石家さんまを子どもっぽいと思う瞬間」というテーマでは、高橋が事務所の先輩・剛力彩芽をはじめ、女優に「好き好き言い過ぎ」とキッパリ。「ええやないか」と開き直るさんまだが、ほかの女子たちも同様の指摘を。そんなさんまを「DD(誰でも大好き)」と揶揄すると、また新たな単語を言われたさんまは困惑。その後も14歳の谷から「クラスの男子の行動と似てる」と言われたり、みちょぱから「知ってる流行りの単語を楽しそうに話す」など、傍若無人な女子たちの指摘に63歳のさんまも形なしに……。10代女子たちに翻弄されるさんまに注目だ。

千鳥(大悟、ノブ)がMCを務めるバラエティ番組『千鳥の相席食堂』(ABCテレビ、毎週火曜23:27〜 ※関西ローカル)。7月27日の放送では、同番組で「4カドの峰」としてお馴染み・ボートレーサーの峰竜太選手(以下、峰選手)が旅ロケを敢行。さらに“アッコ横”の峰竜太(以下、峰)も登場し、新プロジェクトが行われた。

ページトップへ
Twitter Facebook