8月19日(日)に放送された『行列のできる法律相談所』(毎週日曜21:00〜、日本テレビ系)にて、番組アシスタントの徳島えりかアナウンサーが番組を卒業し、新アシスタントに市來玲奈アナウンサーが就任することが発表された。

今回の放送は「緊急生放送! 今夜、急上昇ワードに上がりそうなことを発表しちゃいますSP」と題して、ゲストが次々と衝撃の告白。そんな中、約7年間アシスタントとして番組を支えてきた徳島アナが番組を卒業することを発表。驚きの声が上がる中、徳島アナは「9月いっぱいで『行列』のアシスタントを卒業させていただきます。日本テレビは辞めません(笑)」とコメント。

さらに、新アシスタントには、市來アナが就任することも発表された。市來アナは、人気アイドルグループ・乃木坂46の元メンバー。今年、早稲田大学文学部を卒業後、日本テレビに入社したばかりの新人だ。

市來アナは「段ボールに入れられて、インタビュー相手のもとに連れていかれる」というニセ番組のドッキリを仕掛けられ、新アシスタント就任の事実は告げられないまま、生放送中のスタジオに連れて来られた。段ボールの中から勢いよく登場した市來アナは、スタジオを見回し、何が起きているのか分からず、驚きの表情。スタッフの出した「私、市來玲奈は10月から徳島アナに代わって行列のアシスタントになります」というカンペを読み、サプライズ発表という状況を理解し、感極まって涙を浮かべた。

市來アナは「私にとって『行列』は、ずっと大好きな番組で憧れていたので信じられないです。徳島さんや皆さんが作り上げてくれた番組の雰囲気を壊さないように頑張りたいと思います!」と意気込みを語った。徳島アナからは「私、市來の研修も担当したんですけど、本当に一生懸命で真面目な子なので優しくしてあげてください」とプッシュ。市來アナはMCの東野幸治から促され、特技でもある社交ダンスを披露し、キレのある踊りで喜びを表現。スタジオを沸かせていた。

徳島アナは2011年10月16日放送分から番組に出演し、アシスタントとして約7年間番組を担当した。引き続き9月30日(日)の放送までアシスタントを続け、新アシスタントの市來アナの登場は10月以降となる予定だ。

『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系、毎週火曜23:15~)が、8月12日に放送。大久保佳代子(オアシズ)、久保田かずのぶ(とろサーモン)、小峠英二(バイきんぐ)、津田篤宏(ダイアン)、ナダル(コロコロチキチキペッパーズ)、藤本敏史(FUJIWARA)ら人気芸人たちの「実はNGにしている仕事」を隠し撮りで暴く企画の後編で、今回は津田とナダルを検証した。

ページトップへ
Twitter Facebook