高畑充希

2017年の夏に放送された高畑充希主演の連続ドラマ『過保護のカホコ』が、9月19日(水)にスペシャルドラマ『過保護のカホコ 2018 ラブ&ドリーム』(日本テレビ系、21:00~)となって帰ってくる。描かれるのは高畑演じる榎本加穂子(=カホコ)と、竹内涼真が演じる麦野初が結婚してから1年後。親族間の揉め事や夫婦の危機など、次々と噴出するトラブルにカホコが挑む。

史上最強の箱入り娘・カホコとそれを見守る美大生・初の恋と成長を描き、大きな話題となった『過保護のカホコ』。高畑の民放ドラマ初主演作でもある本作では、カホコという特異なキャラクターが注目を集め、終了後には“カホコロス”なる言葉も生まれるなど、多くの視聴者の支持を得た。

最終回では、自分を取り巻く過剰な庇護から卒業し、めでたく初との結婚を果たしたカホコ。スペシャルドラマでは、その1年後の2人の姿を中心に、新たな物語が描かれる。

カホコは過保護からの脱却を目標に、仕事に家事にと奮闘する毎日を送っていた。相変わらず画家として成功できない初を応援しながら、保育士として「カホコハウス」で働き、家では家事一切を一人でこなす日々。しかし、いつもあらゆるトラブルを抱え込み、一人で空回りするばかり。

経営は苦しく、残業続きのカホコハウス。自分でやると言いながらも、洗濯も料理も間に合わず、庭は荒れ放題の新婚家庭。カホコの叔母・節(西尾まり)の娘・イト(久保田紗友)の誕生日会では、イトの将来を巡ってイトと節が大喧嘩。もう一人の叔母・環(中島ひろ子)とその夫・衛(佐藤二朗)は代理母出産計画で揉めはじめる。一方、カホコの母・泉(黒木瞳)はカホコ夫婦に子作りを強要。さらに、カホコハウスに通っていた保が一旦は実母に引き取られたものの、再び置き去りにされたことで、カホコは「保を引き取る」と言い出す始末。当然、初は猛反対。泉からの子作りのプレッシャーもあり、カホコと初の関係も微妙にズレ始める。

経営難のカホコハウス、親族のゴタゴタ、両親の離婚危機、そして、保のネグレクト問題を解決し、カホコは初との関係を修復できるのか!? カホコの頑張りに再び注目だ。キャストからのコメントを以下に紹介する。

<高畑充希コメント>
去年の夏は、私にとって奇跡のような夏でした。大切な思い出過ぎて、鍵をかけて奥の奥にしまっていたのですが、またそれを引っ張り出してくる時が来たみたい。すごくドキドキしています。ソワソワもしています。心臓出そう。大好きな初くんやママパパ、家族のみんなにまた会えるのが、とにかく楽しみ。カホコファミリーみんなで、すっばらしいスペシャルドラマ目指して一生懸命頑張りますので、お楽しみに! いざ!

<竹内涼真コメント>
去年の夏、悩みながら、もがきながら多くのことを勉強させていただき、自分自身の成長を少しですが感じることができた作品がこの『過保護のカホコ』でした。1年経った今、またその麦野初として帰ってこられることを心から嬉しく思います。初が一家の主としてカホコとどんな結婚生活を送っているのか、そしてカホコのパパやママたちはどうしているのか。僕自身、撮影がすごく楽しみです。

橋本マナミが、1月25日放送の高畑充希主演ドラマ『メゾン・ド・ポリス』(TBS系、毎週金曜22:00~)第3話に出演する。橋本は、区の広報誌「そよかぜ」の編集者・大槻仁美役として登場するが、シェアハウス「メゾン・ド・ポリス」のおじさまたちが、彼女の美貌のとりこに!?

ページトップへ
Twitter Facebook