大食いタレントのますぶちさちよが、7月14日放送の『有吉反省会』(日本テレビ系、毎週土曜23:30~)に出演し、「カワイイ女の子とのイチャつき方がヘンなこと」を反省した。

有吉弘行が司会を務める同番組では、ゲストの「反省人」たちが過ちを告白&懺悔。毒舌タレントが「反省見届け人」として参加し、最後に反省人が行う「禊」を見届ける。今回の反省見届け人は、バカリズム指原莉乃友近

2012年のミス鎌倉に選ばれたますぶちは、2014年に出場した大食い大会で、初出場ながら準優勝に輝き、大食い会のニュースターとして脚光を浴びているが、そんな彼女のSNSの写真がファンの間で話題になっているという。

番組は、ますぶちの投稿する写真に、女の子との異様なイチャイチャ写真があることを発見。通常、アイドルのイチャイチャ写真では、お互いに抱き合って、仲の良さをアピールしているものがほとんどだが、ますぶちのイチャイチャ写真は、共演した相手の女の子を担ぐように肩に乗せるというもの。これにはファンからも「危ないからやめて!」「何を見せつけたいんだ?」というコメントが相次いだ。

スタジオに登場したますぶち本人によると、女の子を担ぐのは「パワーを見せつけたい。強くありたい」という思いからの行動だと説明。さらに、生まれた時から体が大きく、現在も身長が171センチあるため、背の小さい、カワイイ女の子に触りたいという欲望があることを明かした。

スタジオでは、実演として、ますぶちにぱいぱいでか美を持ち上げてもらうことに。ますぶちは、軽々しくぱいぱいを担ぎ上げ、余裕の表情。これにはスタジオの観客からも拍手が巻き起こり、有吉も「すごいね!」と驚いていた。

また、小さい頃から大食いで、しかも家族全員よく食べるそう。50代後半の父親が回転寿司で30皿を平らげ、その後にラーメンを食べたというエピソードを披露。また、ある日のますぶち家の1回の食事の写真には、食卓が埋め尽くされるほどの料理が写っており、有吉も「うわ~! また、すげーな、炭水化物の量!」と驚いていた。

現在は父親と母親とますぶちの家族3人で暮らしており、1か月の食費は外食をせずに、25万円。ますぶち家の信じられない食べっぷりについて有吉が「じゃあ、家族全員で食べ放題とか行ったら大変だね」と水を向けると、ますぶちは「(家族全員が)焼き鳥のぼんじりが好きで、それを200本くらい食べちゃって」と告白。それ以来、その店には行っていないという。

さらに、大食いタレントとして人気が出たことによって、“偉い人”に食事をごちそうになる機会があり、先日、高級焼肉店に連れて行ってもらい、なんと80人前を完食。金額にして5~60万円分の肉を食べたことを打ち明けた。ますぶちによると、それでも“偉い人”は笑っていたそうだが、バカリズムは、「もう笑うしかないからでしょ」とツッコんでいた。

この他には、タレントの鈴木奈々が登場。「SNSにすっぴん写真をアップしたらカワイイと褒められて以来すっぴん写真ばかりアップしていること」を反省した。

ページトップへ
Twitter Facebook