6月17日放送の岩田剛典主演の連続ドラマ『崖っぷちホテル!』(日本テレビ系、毎週日曜22:30~)の最終回に、岩田が所属する「三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE」のメンバー・山下健二郎と、後輩でE-girlsの山口乃々華が“ちょこっと”出演することが明らかになった。

『崖っぷちホテル!』は、かつては知る人ぞ知る、栄華を誇ったクラシカルな老舗ホテルだったが、いまや負債総額3億に迫る破産寸前のホテルになってしまった「グランデ・インヴルサ」を舞台に、父親からホテルを引き継いだ新米支配人の桜井佐那(戸田恵梨香)と、副支配人の宇海直哉(岩田)が、ホテルの立て直しに奮闘する姿を描いた物語。

17日放送の最終回では、スタッフ一丸となり、宇海の夢だった花火大会を大成功させた矢先、佐那はバリストンホテルの支配人から宇海を取り戻したいと言われてしまう。そんななか、宇海に2人の始まりの場所であるプールに連れられた佐那は、そこで宇海がこのホテルに来た本当の「理由」を明かされるという展開だ。

山下と山口は、主演の岩田を応援すべく、最終回のあるシーンに“ちょこっと”だけ出演する。山下は「同じメンバーのがんちゃんが主演のドラマに出られると聞いて素直に嬉しかったです。初めてホテルの制服を着たのですが気持ちが引き締まりました。似合っているかわかりませんが従業員の一員として精一杯努めたいと思います」と役柄のヒントになるような発言をすると、山口も「一視聴者として見させていただいていたドラマだったので、まさか私が出演できるなんて」と感激のコメント。

心強い“共演者”を得た岩田は「最終回のサプライズで出演していただけると聞いて、嬉しかったです。これだけ濃いキャラクター揃いのホテル グランデ・インヴルサと、どんな感じで絡んでいくのか、とてもワクワクしました」と喜びを語った。

佐藤浩市と天海祐希が共演するテレビ東京開局55周年特別企画ドラマスペシャル『Aではない君と』が、9月21日(金)21時から放送される。本作は、第37回吉川英治文学新人賞受賞を受賞した、薬丸岳の同名小説が原作で、大手建設会社に勤める吉永圭一(佐藤)が、離婚した妻から、離れて暮らす息子が同級生への殺人容疑で逮捕されたという知らせが来たことから始まるヒューマン・サスペンス。

ページトップへ
Twitter Facebook