波瑠が、7月からスタートする新土曜ドラマ『サバイバル・ウェディング』(日本テレビ系、毎週土曜22:00~)で、寿退社したその日に婚約破棄されてしまう“人生どん底ヒロイン”を演じることがわかった。また、ヒロインの毒舌上司役を、初共演となる伊勢谷友介が演じる。

同ドラマは、小説「SURVIVAL WEDDING」(大橋弘祐 著、文響社)を原作とした痛快コメディ。主人公・黒木さやかは、勤めていた出版社を寿退社した日に、恋人に婚約破棄されてしまう。そんな残念な彼女を「半年以内に結婚しないとクビ!」という無茶な条件で復職させるのが、人気雑誌の毒舌・ナルシストな敏腕編集長・宇佐美博人だ。こうして、“拒否権ナシのスパルタ婚活”がスタートする……。

今作の見どころの一つは、宇佐美が提案する斬新な恋愛戦略だ。海外有名ブランドのマーケティング手法を恋愛に応用し、さやかの“市場価値”を、ハイブランドのように高めるための恋愛テクニックを伝授する。戦略が吉と出るか凶と出るか、さやかの運命はいかに!? 傍若無人な編集長に振り回され、反発しながらも、29歳・等身大のヒロインが、恋に仕事に全力で立ち向かう姿を描いていく。

波瑠は、今回演じるさやかについて「頑張り屋さんで一生懸命で、だけど不器用なところがあり、編集長やダメな元彼など、周りの人に振り回されることが多い役柄」と紹介し、「この作品には個性豊かなキャラクターがたくさん出てくるのですが、その時に対峙している人をちゃんと見つめて、その度にどんな空気を出せるか、どんな表情になれるか、瞬間、瞬間を大事にしていきたいと思います。さやかという人物に対して観て下さる方が共感し、「応援したい!」と思ってもらえるよう、一生懸命演じたいと思います。また作品を通して、さやかも成長していくと思うので、見守って頂けたら嬉しいです」とニッコリ。

一方の伊勢谷は、「宇佐美役がぴったりと言われるのは、本当は嫌なんです。だって、宇佐美はかなり“やなヤツ”ですから。でも、この前演じたのも嫌われ社長役でしたし、僕は“やなヤツ”の役が合っていると40歳を過ぎて身に染みて分かったので、この路線で頑張っていきたいなと思います(笑)」と述べ、笑いを誘った。続けて、「“やなヤツ”ではありますが宇佐美は雑誌の編集長ですから、真ん中にある部下に対する愛情も垣間見えるキャラクターになれれば少しは救いがあるかなと思うので、そういう人物を目指して頑張ります。たぶん気持ち悪い芝居もするかもしれないけど、波瑠さんには引かないで頑張ってほしいです(笑)」と、”毒舌は無し”でエールを送った。

原作の大橋氏からは、「この作品は、女性誌の編集長が部下に、結婚する方法を教えるという内容の小説なのですが、書いている本人が結婚しないまま40歳を過ぎてしまいました……。
つまりこの作品は、僕が一生独身になるかもしれないという現実と引き換えに生まれた作品といっても過言ではありません。ですから、日本テレビさんで連続ドラマ化、しかも波瑠さん、伊勢谷友介さんが出演されるというお話を聞いて、救われるような気持ちになりました。ぜひとも、少しでも多くの人にご覧いただき『サバイバル・ウェディング』する人が増えて、日本の少子化に歯止めをかけていただけると信じております! そして僕もできることなら『サバイバル・ウェディング』したいです!」とコメントも到着。

また、今作のプロデューサーで、2017年3月に波瑠主演のSPドラマ『北風と太陽の法廷』を担当した鈴間広枝は、「女性が心底共感する主人公・さやかを、飾らないお茶目なかわいらしさと、ブレない芯の強さをお持ちの波瑠さんに演じて頂けることは、本当に嬉しく思っています」と再会を喜び、「“クセの強い”愛すべきオレ様上司・宇佐美は、ハイブランドを着こなし知性もありながら、どこか少年のような自由さもある伊勢谷さんしかいないと思っていました! この夏、最強コンビのおふたりが、皆さんの夏バテを吹っ飛ばすくらいの笑いと元気をお届けします!」と、熱い想いを語った。

果たして、市場価値の低い崖っぷち女子・さやかは、毒舌上司のスパルタ教育でどう生まれ変わるのか。どん底人生から抜け出すことは出来るのか、その行く末に注目が集まる。

乃木坂46の山下美月と萩原利久がW主演を務める『電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-』(テレビ東京系、毎週木曜25:00~)の第11話が6月20日に放送される。久々に再会したマイ(山下)と健人(萩原)だが、マイを支配している高校教師の松井直人(岡田義徳)と口論の末、健人は学校の屋上から落ちてしまう……。

ページトップへ
Twitter Facebook