アニメ『名探偵コナン』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週土曜18:00~)の5月12日放送回「妃弁護士SOS(前編)」では、私立探偵・毛利小五郎の別居中の妻・妃英理が犯人たちに捕まってしまい、それを江戸川コナン、小五郎、娘の毛利蘭が助けに向かったことで、なぜか犯人グループの方を心配する声があがった。

コナン、小五郎、蘭が映画を観に行こうとすると、蘭のスマホに英理からメッセージアプリで連絡が来る。すでに英理のアイコンは登録していたが、蘭は面白がって新たな英理のアイコンも同じグループに入れる。メッセージは「悪い奴らに捕まっている。警察に連絡して」という内容だった。英理は自分がいる場所がわからないという。その直後、もともと登録していた英理のアイコンから「ウソウソ! 冗談よ!」というメッセージが届く。小五郎はいつもの英理のアイコンが偽者で、新しいものが本物の英理と推理する。しかし、いつもの英理のアイコンも変更され、どちらのメッセージが本物の英理かわからなくなってしまう……というストーリー。

実は男3人が英理の事務所を襲撃。英理は男たちにスタンガンで襲われ、捕まってしまったのだ。様々な方法で本物のメッセージと、捕まっている場所を割り出したコナン、小五郎、蘭は英理を救出に向かう。その間メッセージアプリを確認していなかったため「メッセージが既読にならない、こちらに向かっているのでは」と考えた犯人グループは、連絡先の娘・蘭も捕まえてしまおうと相談し始める。

その相談を聞いた視聴者はTwitter上で「蘭はやめといたほうがいいぞ」「今のうちに心入れ替えて!」「犯人が盛大にフラグ立ててたw」と犯人グループの方を心配する事態になった。

蘭は空手部の主将を務めており様々な大会で優勝経験もある。電柱や壁に穴をあけたことがあるのはもちろん、緊迫した状況では拳銃の弾をよけたり高層ビルからバンジージャンプを見せたりと、その身体能力と肝のすわり方は人一倍だ。また小五郎も学生時代は柔道に打ち込み、一本背負いが得意技。その腕は今も健在で大柄な男も難なく投げ飛ばしてしまう。ちなみに英理も、今回の犯人グループから逃げるために小五郎直伝の見事な背負い投げを見せている。さらにコナンもキック力増強シューズで蹴った人間業とは思えない威力のボールや麻酔銃などを駆使して、数々の犯人を倒してきた。それらを知っているファンにとっては、どう見ても犯人グループの方が不利な状況だ。

5月19日放送の「妃弁護士SOS(後編)」では、劇場版『名探偵コナン ゼロの執行人』とはまた違った形で毛利家の絆を感じることができそうだ。そしてピンチの英理を助け、犯人グループを成敗するのは誰なのか? これは見逃せない。

【文:山田 奈央】

提供:読みテレ

アニメ『名探偵コナン』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週土曜18:00~)7月4日放送の「妻探しの秘密」は、ご近所トラブルがテーマのストーリー。そのリアルすぎる内容に視聴者から悲鳴とともに様々な意見が飛び交った。 駅前で失踪した妻を探す男性・樋口と出会う。妻が不自然な形で失踪しており、事件だと考えたコナンと小五郎は、彼の自宅近くで聞き込みを開始する。しかし、出てくるのはこの夫婦が“揉めていた”というようなものばかり。さらに「奥さんの遺体を庭に埋めていた」という匿名の通報で目暮警部、高木刑事た...

ページトップへ
Twitter Facebook