中村アン主演の連続ドラマ『ラブリラン』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜23:59〜)の第6話が5月10日に放送され、自分の気持ちを表現できなかった南さやか(中村アン)が、母・恵子(榊原 郁恵)の言葉で突き動かされ町田翔平(古川雄輝)に告白するシーンが話題になった。Twitterでも「さやか偉い!」「頑張れ!」と応援ムードの中まさかの結末を迎え、「なんでこんなに苦しいの」「切なすぎる…」と自分ごとのように共感する声が多くあがった。

9月30日(水)よる9時 日本テレビ系で放送の2時間スペシャルで最終回を迎える「私たちはどうかしている」。原作は講談社「BE・LOVE」で連載中、累計発行部数300万部の「私たちはどうかしている」(安藤なつみ著、既刊13巻) 。浜辺美波演じる可憐で才能にあふれ

ページトップへ
Twitter Facebook