女優の吉高由里子が4日、生田スタジオで行われた新ドラマ『正義のセ』(日本テレビ系、4月11日スタート、毎週水曜22時~)の囲み取材に、原作者の阿川佐和子安田顕三浦翔平塚地武雅と共に出席。吉高は、検事という役柄に「難しいセリフや見たことがない漢字がたくさんあって、失敗ばかりしています(笑)」と語っていた。

ベストセラー作家である阿川佐和子の同名シリーズ小説を連続ドラマ化した本作は、横浜地方検察庁港南支部に配属された2年目の検事・竹村凛々子(吉高)が、正義のために喜び、泣き、笑い、怒りながら事件と向きあっていく姿を描いた成長物語。

専門性が高い役柄に、吉高は「なかなかセリフがスムーズに言えないんですよね」と苦戦していることを明かしたが、「凛々子も失敗しながら学んで成長していく役柄なので、同じように頑張っていきたいです」と意気込んだ。

そんな吉高のスタイルに、共演者たちも称賛を送る。凛々子をサポートする検察事務官・相原を演じる安田は「紅一点なのもありますが、とにかく愛される方。他の人だったら“ふざけんなよ”となりそうな場面でも、この人だと許されちゃう。完璧な座長ってバイプレイヤー的な僕らからすると厳しい時があるのですが、吉高さんは現場が和んでいいですね」と完璧ではない(!?)座長ぶりを称えると、先輩検事・徳永を演じる塚地も「女優さんなのに本当に気取ってらっしゃらないのがすばらしいです」とメロメロの様子だ。

そんな男性陣の評価に、吉高は「後でポケットからお金を持ってこないとダメですね」とおどけつつも、「塚地さんはムードメーカーとして現場を盛り上げていただいた。安顕さんは最初怖い方だと思っていたのですが、何でも受け入れてくださる温かくて優しい方。三浦さんは同い年なのですが、本番でビシッと決めるスター性に負けていられないなと思いました」と感想を述べていた。

そして、原作者の阿川は、撮影中のセットを見渡し「映像化されると思っていなかったので、とても光栄に思います。原作とドラマは別物だと思っていますので、私も楽しみにしていますし、いきいき、伸び伸びやってほしい」とエールを贈ると、吉高は「数字はどうあれ、見ている方がいる限り、私たちは一生懸命進んでいきたいと思います」と力強く語っていた。

ページトップへ
Twitter Facebook