歌手で俳優の及川光博が、4月3日に放送された『ウチのガヤがすみません!』(日本テレビ系、毎週火曜23:59~)に出演。女芸人のギャップに妄想を爆発させる一幕があった。

毎回、総勢50名を超える若手芸人がゲストについて調査を行い、興味の持てる“おもてなし”を提案する同番組。ゲストはその中から数組のテーマを選出。MCのヒロミとフットボールアワー・後藤輝基らと共に、トークを繰り広げる。

及川は気になる芸人として「噂で羽生結弦くんのモノマネをする人」を挙げる。目的の人物はガヤ芸人の中におり、「“羽生ゆずれない”と申します」と自己紹介し、笑いを誘った。また、後藤から「芸人に囲まれてどうですか?」と質問された及川は「基本的に大きい声で怒鳴られたり、大騒ぎされたりするのはちょっと苦手です」と回答。サンシャイン池崎が「イェーーーイ」と即座に反応するが、「苦手です」と返り討ちにあう。そんな池崎にヒロミが「先月のギャラ!」と振ると、「262万エーーン」とテンション高く返し、若手芸人から「すげぇー!」と驚かれていた。

ここで、「インテリジェンスでセクシーを隠しているところを“覗いてみたい”と思う」とメガネ女子が好きだという及川のために、“ミッチーもメロメロ ギャップメガネ女子ランキング”がスタート。このコーナーは、女芸人がメガネをかけて写真を撮り、奇跡の1枚を及川にプレゼンするというもの。1枚目の写真は、セクシーなOL風の写真。胸元も見えており、後藤が「乳の大きさがちょうどエエ」と感想を言うと、及川は「ガラス張りのエレベーターで2人っきりになってみたい」と妄想。しかし、美女の正体がぷらんくしょん・ぐっちであることが発覚し、写真とのギャップに及川は驚愕する。

2枚目はボーイッシュ系女子の写真。及川は「掘りごたつのお店で足と足が触れる感じ」とまたもや妄想。こちらはダウンタウン・浜田雅功のモノマネをしているハリウリサであることが発表され、彼女は「母がフィリピン人でハーフなのでポテンシャルは高いです」と自信ありげに述べた。

3枚目は知的メガネ女子の写真。及川は「美術館デートで絵画のうんちくを囁きたい」とイメージ。その女性が猫の扮装をしている、かぎしっぽ・れおてぃであることが分かると、ヒロミは「素顔見たことないから分からないわ」とそのギャップに驚く。結局、及川は「セクシー、インテリジェンス、ギャップがすごかった」と、ぐっちの写真を1位に選出。デートができると喜ぶぐっちに「そこまで言っていない」と否定する一方、「でもデート気分なら味わえるよ……僕のワンマンショーにおいで」と誘い、ぐっちを喜ばせていた。

現在、“売れているアイドル”の定義はとても多様化していると言える。 たとえば、テレビ露出は一切せずとも、twitterやInstagramのアカウントに数万人のフォロワーがつき、人気に火がついているアイドルがいる。 ある

ページトップへ
Twitter Facebook