3月31日放送の『マツコ会議』(日本テレビ系、毎週土曜23:00~)で、「今流行っているもの」を尋ねる人気企画「女子高生トレンド中継」が行われる。

今回は京都編として、京福電気鉄道「嵐山駅」で女子高生たちを取材。嵐山駅は2013年に大幅にデザインをリニューアルしており、今や京都の女子高生に人気のインスタスポットとなっているのだそう。中でも定番なのが、コンコースで京友禅の生地をLEDで透過させたポールをバックに写真を撮るという構図だという。この日も女子高生たちに流行を尋ねると、「インスタ映え」と即答。しかし、マツコは彼女たちが撮った写真を見て「でも映えようと思ったら、あんな後ろに友禅があるんだったらあの柄の着物選んじゃダメよね」とダメ出しし、「シックな黒とか紺とか着てきたら映えるのよ。そこがまだ甘い」と女子高生にアドバイス。しかし、女子高生に「いいやんな」と冷たく返され、ムスッとした表情になってしまう。

そんな彼女たちに、マツコが「京都の女子高生って何やって(遊んで)いるの?」と尋ねると、「とりあえず京都は出る」とまさかの答えが……。「ビルが高くて、看板が派手で」と東京の魅力を語る彼女たちに、マツコは「京都はそれが違うからいいんじゃない」と返すが、またも「いや~違うな」とあっさり否定される。

しかし、マツコはくじけず東京の看板の無秩序さが嫌だと言い、「(京都は)セブンイレブンとかローソンとかファミマとか茶色っぽいじゃない」とその魅力を何とか伝えようとするが、女子高生は「それが嫌!」と即否定。マツコは「なんでよ! 自分の地元がどれほど素晴らしいか省みなさい!」とたまらず大説教する。

他にも、筋トレが好きで鍛え抜いた腹筋をインスタにアップしているという女子高生や、カメラアプリで自分とおばあさんの顔を盛って楽しんでいるという女子高生など、インスタにドハマり中の女子高生たちが最新のトレンドを語る。

食うこと、すなわち生きること。食の現場にすべてが凝縮されている...。テレビ東京では4月1日(水)深夜0時12分より、"ヤバい奴らのヤバい飯を通してヤバい世界のリアルを見る"をテーマにした異色のグルメ番組「ハイパーハードボイルドグルメリポート」を放送。リベリアの元人食い少年兵や殺し合いを繰り返すアメリカの極悪ギャング、ケニアのゴミ山で肺を病みながら暮らす青年など、これまでメディアがあまり立ち入らないような世界中のディープなエリアに潜入し、そこで暮らす人々の"飯"を徹底取材してきた本番組。お笑い芸

ページトップへ
Twitter Facebook