吉高由里子が主演を務める4月クールの新ドラマ『正義のセ』(日本テレビ系にて4月11日スタート、毎週水曜22:00~)のInstagramに、三浦翔平の写真が掲載。彼の登場を待ち望んでいたファンから「待ってました!」という声が多数寄せられた。

本作は、ベストセラー作家・阿川佐和子の同名小説が原作。新米女性検事が、持ち前の正義感で事件解決に挑み、同僚や家族に支えられながら、一歩ずつ成長していく物語が展開する。吉高が演じるのは、仕事も恋もあきらめない、駆け出し検事・竹村凜々子。融通が利かない性格で、正義のために声を出し、喜び、笑い、泣き、怒る。まっすぐすぎて、つい「頑張れ!」と応援したくなるヒロインだ。

その中で三浦が演じるのは、凜々子の先輩検事・大塚仁志。凜々子らが所属する港南支部のエース検事で、他人にも自分にも厳しい性格。まだまだ検事としては未熟な凜々子に対し、何かと厳しく当たるというキャラクターだ。

しかし、現場ではそんな上下関係が逆転し、「セのポーズどうやるの?」という三浦に、吉高が「こーやるんだよ!」とわかりやすく指南。そんな1コマを捉えた写真だということと、さらに、本作のInstagram開設から三浦が初めて登場したということで、ファンは大喜び。

コメント欄には「待ってました!」「やっと登場♡」という声が多数。さらに、2人で一緒に“セ”ポーズをしている様子について「かわいい!」「イケメン過ぎ」という書き込みも見られた。

初回放送から「カッコイイ!」「"好き"って言わせて」とSNSでも大反響! ドラマParavi「つまり好きって言いたいんだけど、」(毎週水曜深夜0時30分放送/テレビ東京系)で、嘘つきイケメン俳優・藤代瀬那を演じる櫻井海音さんが話題を呼んでいます。マネージャー・千歳(大原櫻子)とブレイク寸前俳優の禁断の恋......第1話の2人で倒れ込むシーンや、第2話ラストの「いっそのこと、一緒に住まない?」のセリフに崩れ落ちてしまった女性も多いのでは? 俳優として注目される一方で音楽活動、モデル、バラエティ出

ページトップへ
Twitter Facebook