日本を代表するアニメーションスタジオ「タツノコプロ」の創立55周年を記念して、“タツノコ・レジェンズ”4大キャラが集結するアニメ『Infini-T Force』(日本テレビ、毎週火曜25:59~)。10月17日放送の第3話「INTELLIGENT FURY」では、敵として登場したダミアン・グレイの声優を務める平川大輔の演技が注目を集めた。

世界に誇るヒーロー「ガッチャマン/鷲尾健(関智一)」「テッカマン/南城二(櫻井孝宏)」「ポリマー/鎧武士(鈴村健一)」「キャシャーン/東鉄也(斉藤壮馬)」が新たな装いで現代に蘇る同作。単独でも十分に映像化が出来る伝説のヒーローたちが、1人の少女を救うべく共闘する。

第3話では、依頼人であるダミアンの正体を知った武士が、ポリマーに変身して対決。しかし異形の姿に変身したダミアンの能力の前に深手を負い、駆けつけた健と城二に間一髪のところを救われる。その場から姿を消したダミアンの行方を、怪我を押して探そうとする武士であったが、仲間たちに独断専行を咎められる。そんな中、渋谷の街に武士たちを挑発するようにダミアンが出現。人々が集まる中、ダミアンによる「隕石落下」が始まるのだった。

今回、ネット上で注目を集めたのは「武士とダミアンの戦闘シーン」だ。シリアスなストーリー展開かつダイナミックなアクションにも関わらず、平川の独特な演技の「たぁけぇしぃ~」という呼びかけについて、「たぁけぇしぃ~w あかんwこれメッチャおもろいんやけどw」「たぁけぇしぃ、のせいで普通にタケシ呼びでもなんか笑っちゃう」「やっぱりネットリしてるな~」といった反応が巻き起こった。また、「倒すなよ!! 来週も、たぁけぇしぃ~が聞きたいのにw」「ポリマーVSダミアン、激熱やった。ポリマーの思いの籠ったパンチ、そしてセリフが格好良かった!」と話題に。

このほか、24歳にも関わらずオッサンと呼ばれることを気にする健の姿に注目するファンの声や、ヒーローたちが隕石を阻止しようと共闘する様子、それぞれが大技を放つアクションシーンなどを絶賛するコメントがあがっていた。

10月22日(きんようび)ごぜん10:55~11:25ほうそう『にんにくこぞうとコチョウランさん』 あわてんぼうなにんにくこぞう。ニンニクをとどけにいくとちゅうで、コチョウランさんとであうよ。そのとき、にんにくこぞうのツボと、コチョウランさんのはなたばがいれか

ページトップへ
Twitter Facebook