日本テレビ系の情報番組『ZIP!』内で放送されている、俳優・速水もこみちが担当する料理コーナー『MOCO'Sキッチン』。8月8日(火)の放送回では、「華やかさもあるおもてなし料理」が紹介された。

この日は、「両親が家にやってくるため、魚を使った華やかさもあるおもてなし料理を教えて欲しい」という視聴者のリクエストに応えたレシピを紹介。まずは、魚を使う前にオリーブオイルを流したフライパンで、じゃがいも、にんじんを焼いておく。

続いて、下処理済みのイサキに塩、こしょうを振り、オリーブオイル、白ワインを馴染ませる。ここで、金串を取り出したもこみちが「イサキにこのように穴をあけて、そこにハーブ(ローズマリー)を挿し込んでいきます。これで魚自体にも香りが入っていきます。見た目も面白いので喜ばれるんじゃないかなと思います」とイサキを衝撃のビジュアルに仕立て上げる。

その後、野菜のフライパンに塩、こしょう、ホワイトマッシュルーム、セージ、バター。シーズニングソースを加えたら火を止めて、耐熱容器に移す。そこに先程のイサキを乗せ、190℃に予熱したオーブンで30分焼き上げたら「もこみち流 イサキとハーブのオーブン焼き」の完成。実食したもこみちは「夏らしく爽やかなハーブの香りを楽しめるオーブン料理となりました。盛り付けも面白いので、そこも楽しめると思います」と満足げな様子だった。

今回のレシピについて、放送終了後のネット上では「もこみちのこういう料理好きだよ」「斬新過ぎやしないかい?」と話題に。「盛り付けで外すのかと思いきやそのままかーい!」「久々にファンキーだったな」「平野レミさんをリスペクト?」「イサキに穴を開けローズマリーを植え付けるもこみちさんには狂気めいたアトモスフィアを感じた」と反響を呼んでいた。

人気芸人のバナナマンがMCを務め、世の中のありとあらゆるものの「ソノサキ」にある驚きと感動のドラマを、笑いとともに届けるバラエティー『ソノサキ ~知りたい見たいを大追跡!~』(テレビ朝日系、毎週火曜23:15~)。2月20日の放送では、いとうあさこ、銀シャリ、佐藤エリらをゲストに迎え、ヘルシー志向の女性たちに人気のスープストックトーキョーの製造工場を紅蘭が取材する。

ページトップへ
Twitter Facebook