}

俳優の向井理、関西ジャニーズJr.の道枝駿佑が、KinKi Kidsのデビュー20周年を記念した『金曜ロードSHOW!特別ドラマ企画「ぼくらの勇気 未満都市2017」』(日本テレビ系、7月21日金曜21:00~)に出演することが決定。また、20年前にスズコ役を演じた矢田亜希子、キイチ役の小原裕貴が再登場することも発表された。

1997年の土曜21時枠で放送された連続ドラマ『ぼくらの勇気~未満都市』から20 年が経過。主演を務めたのは、当時18歳のKinKi Kids。主題歌の「愛されるより 愛したい」もトータルセールス160万枚以上を記録するなど、大きな話題を集めた。「ある街に大地震が起きた」というニュースが流れ、友人を探しにきた高校生のヤマト(堂本光一)とタケル(堂本剛)は物々しい警備を潜り抜け、フェンスで囲まれた街に潜入。そこに広がっていたのは大人が死に絶え子どもたちだけになった無秩序な混乱だった。ヤマトとタケルは様々な問題や事件を乗り越えながら、仲間とともに暴力に支配された子どもだけの街に秩序を取り戻していくという物語。

向井が演じるのは、ヤマトやタケルたちと対立する組織のキーマン。今回の出演決定を受け、向井は「20 年の時を経たこのドラマ。まず、参加させていただくことに感謝です」と語り、「当時は描かれなかった新たなキャラクターですが、彼もまた同じ時代を生きた人間です。それがどう物語と絡むのか。彼の信念にもご期待下さい」とアピールした。

一方、道枝が演じるのは教師となったヤマトの生徒役。事務所の先輩との共演について道枝は「KinKi Kidsさんの20周年記念に携われるということですごく嬉しかったです!」と喜びを明かし、「僕は光一くんの生徒役で、クールで少し世の中を舐めているけど、信じた事には真っ直ぐで全力な役柄です! KinKi Kidsさんや他の諸先輩方の迷惑にならないように一生懸命頑張ります!」と意気込んだ。

また、高校時代のヤマトの恋人・スズコを演じた矢田は、「当時18歳だった私にとってとても印象に残っている作品です」と振り返り、「20年経った今、再びこの作品に参加させていただけることがとても嬉しく、大変感謝しております」とコメント。「当時の映像を見返しながら今現在では大人になったスズコという女性がどう生きてきたか、といろいろと想像をふくらませながら精一杯演じていこうと思っております。とにかく、現場に行くのが楽しみでもあり、同じ役柄を20年という月日が経ってから演じるということに、もうドキドキでした!」と語った。

そして、ヤマトが幕原に行くきっかけとなった親友・キイチ役の小原は「プロデューサーさんから話を聞いた時は驚きましたが、KinKi Kidsさんの記念すべき20周年に少しでも貢献できればと、出演を決意しました。演技は久しぶりでとても緊張していますが、みなさん温かい目で見守っていただければ幸いです」とコメントを寄せた。

清野菜名と横浜流星がW主演を務める日曜ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週日曜22:30~)の第3話が、1月26日に放送。インターネット上では、2人のドキドキシーンに注目が集まった(以下、ネタバレが含まれます)。

ページトップへ
Twitter Facebook