藤原竜也と伊藤英明が初共演を果たし、6月10日に公開を迎えた映画『22年目の告白-私が殺人犯です-』。鑑賞者からは「殺人犯だけどこんな藤原竜也見たことない」「ハラハラする展開の連続」など絶賛の声が相次いでおり、一瞬たりとも目が離せないスリリングな展開に魅了される観客が続出している。そんな本作が、いかに名作サスペンスの“良いトコ取り”をしているのか、日本アカデミー賞受賞作の『告白』『悪の教典』を例に比べてみた。

三谷幸喜さんが自ら主宰する劇団「東京サンシャインボーイズ」のために書きおろし、脚本を担当した映画『12人の優しい日本人』に出演して以降、三谷作品に欠かせない俳優となった近藤芳正さん。 「東京サンシャインボーイズ」の後期作

ページトップへ
Twitter Facebook