藤原竜也と伊藤英明が初共演を果たし、6月10日に公開を迎えた映画『22年目の告白-私が殺人犯です-』。鑑賞者からは「殺人犯だけどこんな藤原竜也見たことない」「ハラハラする展開の連続」など絶賛の声が相次いでおり、一瞬たりとも目が離せないスリリングな展開に魅了される観客が続出している。そんな本作が、いかに名作サスペンスの“良いトコ取り”をしているのか、日本アカデミー賞受賞作の『告白』『悪の教典』を例に比べてみた。

日本を離れて50年、パリに住み、世界各国で俳優として、また演出家として活動している笈田ヨシさん。 『ピーター・グリーナウェイの枕草子』(1996年)、『最後の忠臣蔵』(2010年)、『沈黙-サイレンスー』(2016年)、

ページトップへ
Twitter Facebook