日本テレビ系の7月クールの日曜ドラマが『愛してたって、秘密はある。』(毎週日曜22:30~)に決定。秋元康が企画原案のラブミステリーで、主人公を福士蒼汰、ヒロインを川口春奈、主人公の母親を鈴木保奈美が演じることがわかった。

秋元が、AKBグループ関連作を除くと2005年秋の『着信アリ』以来、約12年ぶりにテレビドラマを手掛ける本作の主人公は、母親の晶子(鈴木)をDVから守るため、やむを得ず父親を殺してしまった青年・奥森黎(福士)。その体験から「罪にはそれぞれ事情がある」ことを身をもって知り、犯罪者を弁護する弁護士を目指している26歳の司法修習生だ。罪を隠し、恋愛からも遠ざかり、母とふたり慎ましく生きてきた青年は、立花爽(川口)と出会って恋に落ち、いつしか結婚したいと思うようになった。しかし、プロポーズの直後から、「秘密」を知る何者かによって、不可解で不気味な出来事が次々と起こり始めて……。

主演の福士は「僕は大切な人を守るために日々、苦悩する主人公を演じます。過去にとても大きな秘密を抱えていて、その秘密が故に思い悩むシーンが多く出てきます」と自身の役柄を明かし、「ラブの要素もミステリーの要素もあるドラマとなっています。物語が展開する中で、そのラブとミステリーがどう関わり、どのような結末を迎えるのか、初のミステリー作品ということもあり、いまから最後に期待したいと思います」とコメント。また、「川口さんは、爽の元気で明るいキャラクターにぴったりだと思いますし、2度目の共演なので安心感があります。鈴木さんは初共演ですが、初めてお会いした時から柔らかで包み込むような優しさを感じたので、どんな母子関係が築けるのか楽しみです」とそれぞれの印象を語り、「毎回、ラストに衝撃的な展開が起こります。目が離せません! 是非、ご期待ください」とアピールした。

一方、黎の婚約者を演じる川口は「脚本を読んで本当に面白いと思いました。色々な顔を持った、色々な秘密を抱えた人たちが出てくる中で、この先ドラマがどのように展開するのか、そして、自分自身もどうなっていくのか、本当にワクワク楽しみにしています。見ごたえのある大人のラブストーリーですので、一生懸命演じていきたいです」と意気込む。

鈴木も「こんなに可愛い息子と娘ができる、それだけで今から楽しみです! 登場人物にはそれぞれに秘密があります。何もないように見える福士くんと私にも、実はある秘密が隠されています。これまでにない、とても面白いドラマになると思いますので、ご期待ください」とコメントを寄せた。

3人のほか、豪華キャストも明らかに。爽の父で悪を追及する厳格な検事正を遠藤憲一、そんな父との確執からジャーナリストになった爽の兄を小出恵介、バラバラになった家族を修復したい爽の母を岡江久美子、晶子に想いを寄せる医師を鈴木浩介、黎と爽の友人を白洲迅、2人を見守る恩師を山本未來、爽の修習を手伝うパラリーガルを柄本時生、11年前の失踪事件を捜査していた刑事を矢柴俊博が演じることも、併せて発表された。

大ヒット海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』を手掛けたHBOグループの1つHBO Latin Americaが制作するドラマ2作品と、ブラジル最大の放送局Globoが制作するドラマ2作品が、Huluで独占配信される。これにより、3月から4か月にわたってラテンアメリカ発の優れた新作ドラマが続々登場する。

ページトップへ
Twitter Facebook