小泉孝太郎がMCを務める番組『眠れる森の美術館』(日本テレビ系)が、3月14日(火)21時から放送。宝飾品ブランド「ミキモト」の秘密に迫る。

古今東西の、人の目に触れずに眠っていたもの、素晴らしく美しい芸術品などを取り上げ、スタジオで値段を予想しながら、そのとんでもない値段がつくまでの深いわけを紹介する同番組。「なぜ高いのか」「なぜ価値が出たのか」、その理由を紐解き、そこにある人間の技や文化、歴史ドラマを現地取材と再現VTRを交えて解説していく。

「高貴な女性たちに愛され続ける日本が世界に誇る美術品」では、日本の宝飾品ブランド「ミキモト」を取り上げる。パリのヴァンドーム広場にも店を構え、世界で初めて、自然界で生まれる真珠を人の手で作ることに成功。今回は、その真珠製作現場への取材を行い、手間ひまかけたミキモトの真珠作りへのこだわりに迫る。そしてスタジオには、厳選に厳選を尽くしたネックレスが登場する。

また、芸能界でも魅了された人が多くいる「草間彌生作品」を取り上げる。スタジオには、1992年発表の作品『赤かぼちゃ』が登場するが、果たして、持ち主は誰なのか。また、「世界一入場料の高い美術館に眠る世界的名画」では、徳島県鳴門市にある世界一入場料の高い美術館・大塚国際美術館に潜入。ゴッホ、ミケランジェロ、ダヴィンチなど、世界的名画のレプリカ専門の美術館だが、これらのレプリカは、信楽焼の産地・滋賀県で作られている。その工場の秘密を明らかにしていく。

このほか、150年前に伝わった技術を今も脈々と受け継いでいる横浜家具など、素晴らしい貴重品を紹介する。スタジオゲストは、綾部祐二、植松晃士、劇団ひとり、新川優愛、萬田久子、りゅうちぇる。

ページトップへ
Twitter Facebook