マツコ・デラックスが番組スタッフと企画会議を行い、今話題のディープな場所と中継を結んで、そのエリアを深掘りしていく番組『マツコ会議』(日本テレビ系、毎週土曜23:00~)。3月4日の放送では、大食いマニアが殺到するデカ盛りラーメン屋を探った。

「神戸ちぇりー亭」は、神戸で5店舗、東京で1店舗を展開している人気のラーメン屋。人気メニューはもやしなどが山ほど盛られた「全男盛ラーメン」(1,360円)で、このデカ盛りメニュー食べたさに、わざわざ遠方から通う常連客もいるという。

大阪からやって来た女性2人組の目の前には、「全男盛ラーメン」のほかに、大盛りの唐揚げも。マツコが「彼女たちさ、一人ずつそれ(ラーメン)食べて、唐揚げも?」と尋ねると、「歯止めが効かないんです。食べ出したら」と女性たち。2人とも、かなりの大食いのようで、2時間でラーメン屋を3軒はしごしたこともあるとか。平日は節制しながら行きたい店を調べて、休日になるとその店に出かけてデカ盛りメニューを楽しむという彼女たち。メリハリのあるその生活スタイルにマツコも感心したようで、「楽しい人生よね。私とかあんた(石原P)の問題点はさ、空腹を満たすためだけに食べてたらさ、何も満たされてないから、どんどん食べちゃうわけじゃない? だから何を食べるかなんて関係ない。とりあえず満たしてくれることしか考えてないから」と自身の食生活を省みた上で、「うらやましいなって思う。食というものにちゃんと向き合っている姿は。美しい人生だと思うわよ」と絶賛していた。

続いて登場したのは、母娘でラーメンを食べに来たという2人。20歳の娘が普通盛りのラーメンなのに対し、お母さんは「全男盛ラーメン」。「娘さん、可愛いわね!」という、マツコらの声を無視するように娘だけを映した画面の中に入り込み、笑いを誘ったお母さん。「お腹空いてたんです~」と、さっそくデカ盛りの山を崩して食べ始めるのだった。いつもこのくらいの量を食べるそうで、最高で焼きそば13玉を一人で平らげたこともあるという。実は、早食いも得意で大食い大会で優勝したこともあると告白するお母さん。新長田駅の「そばめし大食い選手権大会」では、13分で1.3キロのそばめしを完食して優勝したのだとか。病院で検査したところ、大食いタレントのギャル曽根と同等の胃袋の持ち主だということが判明したそうで、「もう私、(芸能界)デビューしようかと思った」と、密かな野望をマツコに打ち明けていた。マツコも「(芸能界デビュー)しちゃったら?」となぜか後押し。さらに、「お母さんおしゃべりが立つから、まずは関西ローカルのほうから行けると思うわよ」と、具体的なアドバイスまで飛び出した。最終的には「マツコさんとグルメリポートしたい」とお母さん。マツコもさすがに「お母さん、話がどんどん壮大になってきてるわよ」とたしなめていた。

結局、お母さんは、野菜800g、麺300g、総重量1.3kgの「全男盛ラーメン」をたったの15分で完食。その大食いぶりに感心したマツコが「もう1杯、行きます?」と持ちかけると、「いえいえいえいえ、今日実はね、出て来る前におはぎとおでんを食べてきたので」と、まさかの告白。これにはスタッフ一同が大爆笑し、マツコも「じゃあ無理か今日は。別日でやりましょう、そしたら」と提案するのだった。

他にも裏メニューの「赤唐辛子醤油の全男盛ラーメン」にチャレンジする男性や、ラーメン好きの男性体育教師などが登場した今回。番組の中で特に気になったものに迫る「さらに掘り下げたVTR」では、マツコの提案通り、大食いのお母さんの超デカ盛りチャレンジに密着。番組HPでは、フードファイター顔負けの食べっぷりを見せるお母さんの様子が公開されている。

次回の放送は、パン屋の開業スクールに潜入。第2の人生をパン屋さんにかける人々とマツコがトークを繰り広げる。

4月よりレギュラー番組として復活を果たした『しくじり先生 俺みたいになるな‼』。4月22日(月)放送の同番組には、元ヤンキーで格闘家という経歴を持つ俳優・黒石高大が登場する。 “めちゃくちゃワルぶってたのに、2秒で失神K

ページトップへ
Twitter Facebook