マツコ・デラックスが番組スタッフと企画会議を行い、今話題のディープな場所と中継を結んで、そのエリアを深掘りしていく番組『マツコ会議』(日本テレビ系、毎週土曜23:00~)。2月4日の放送では、セレブになりたい(?)女性たちの間で流行っているという「リムジン女子会」を探った。

東京タワーの下で待機していた中継班の前に停まったのは、白い高級リムジン。中では、きらびやかなドレスに身を包んだ6人の女性たちが、『アナと雪の女王』主題歌「レット・イット・ゴー」をバイオリンの生伴奏に合わせて歌っていた。

ずらりと並んだ女性たちの顔を見たマツコは、「あれ……意外とベテラン?」と訝しみ、全員の年齢をそれぞれ聞いていくことに。「28歳」、「38歳」、「29歳」、「26歳」、「33歳」と、自らの年齢を公表していく女性たち。最後の女性が「42歳」と明かすと、マツコは「あららら、42が一番かわいい声ね」と、やや高めな彼女の声質を褒めていた。

「インナービューティー」という体の内側から綺麗になることを目的とした料理教室の仲間だという6人。リムジン女子会は今回が2回目で、インナービューティーについて語るために集まったという。リムジン女子会の実態を知ったマツコは、「リムジン女子会っていうと、なんかリムジンに乗って特別なことしているんじゃないかと思うけど、そうじゃないのよ。リムジンに乗ってインナービューティーを語ることこそが幸福なわけよ」と結論づけた。

そんなインナービューティーにハマっている女性たちに、マツコが「ご結婚はされているの?」と尋ねると、全員が未婚だということが判明。42歳の女性のみ婚活中で、あとの5人は「いい人がいれば」というスタンスだった。ここで、38歳の女性が「仕事とか好きなことをやっているから別に結婚していないから幸せじゃないとは思ってないです、全然。それより好きなこととか……」と語りだすと、マツコは「私、今そんなこと言ってない。結婚してないと不幸とはひと言もいってないわよ」と遮っていた。

続いてのリムジンにはバイオレットのドレスに身を包んだ3人の女性たちが乗っていた。全員大学生で、自撮りに夢中。その写真をインスタグラムに載せるために、リムジンを借りたのだという。インスタが生活の中心で、インスタに載せる写真を撮るためだけにサイパンまで旅行をしたこともあるという。彼女たちの“インスタ熱”が理解できないマツコは「インスタでやった結果のメリットって何?」と質問。彼女たちの「キラキラすることに憧れがある」という回答に、「こうなりたいという自分をインスタの中で表現する感じね」と、一定の理解を示したのだった。

将来の夢はお嫁さんだという3人。「すぐ相手見つけて結婚して自由になりたい」と願望を打ち明け、さらに、イケメンかお金持ち、どちらが結婚相手としてふさわしいか悩んでいるという彼女たち。マツコは「うーん、今日ここで会ったばかりだから、簡単にできるアドバイスではないけど」と前置きしつつ、「なんとなく3人とも金持ちを選ぶべきな気がする」と助言していた。

他にも、特別企画として20歳の銀座ホステスのその後に密着した今回。番組の中で特に気になったものに迫る「さらに掘り下げたVTR」では、マツコの「とことんインナービューティーについて」というひと声で、謎のインナービューティー料理教室を調査。番組HPでは、麻布十番にある教室で、美意識の高い生徒たちが食材や料理について学ぶ様子が公開されている。

次回の放送は、キャビンアテンダントを目指す女子が殺到するスクールに潜入。厳しい授業を受けているCAの卵たちとマツコがトークを繰り広げる。

ページトップへ
Twitter Facebook