入籍目前の長友佑都平愛梨が、1月18日放送の『1周回って知らない話』(日本テレビ系、毎週水曜19:00~)に出演。恋のキューピッドとなった三瓶水卜麻美アナウンサーが見守る中、今後の決意表明をする。

同番組は、テレビで当たり前になりすぎて、今さら誰も聞かないが故に、“今どきの視聴者”が知らないことを本人に直接聞いていく“新感覚芸能バラエティ”。「そもそも何者?」「なぜ芸能界で恐れられているの?」「一体何がすごかったの?」「結局何がしたいの?」「なぜ結婚しないのか?」など、失礼にも聞こえる今どきの視聴者の疑問を本人にスタジオでぶつけていく。東野幸治がMC、川田裕美がアシスタントを務め、岡田結実が“今どき芸能人代表”としてレギュラー出演する。

2人が出会うきっかけとなった三瓶について、長友は「三瓶さんがいなかったら出会えてないと思います。神みたいにすごい人。神ってます。神ってます。完全に神ってます」と流行語を交えてコメント。これを受け三瓶は「ほとんどの人が僕のことを呼びすてで呼んでいるのに、ありがたいです本当に」と喜びを明かす。一方の平は、三瓶のことを「恋愛ティーチャー」であると紹介する。

そんな中、平から初めて「お付き合いする人ができた」と言われた当時を振り返り、水卜アナは「(共演している)『ヒルナンデス』の合間かな? まっすぐの目で見つめられて“水卜ちゃん、大好きな人ができた”と。本当に目に力と愛がやどっていたので、きっとこの人と結婚するんだな」と語る。さらに、親友の平が結婚する今の心境について「寂しいという気持ちが正直、今は出ちゃうんですけど……」と思わず涙する一幕も。

そして、最後に結婚目前の2人が決意表明。長友が「今の彼女を作ってくださったので、本当にみなさんに感謝したいです。2人で最高の家庭を築けるようにこれからも努力していきますので、みなさん今後ともよろしくお願いいたします」、平が「(彼を)信じるのみです」とそれぞれ語った。

このほか番組では、平が長友の支えになりたいと、イタリア語の勉強や料理など花嫁修行に励んでいる映像も初公開される。

秋元康、織田哲郎、小室哲哉 指原莉乃、つんく♂という日本の音楽界を牽引してきた超豪華な面々が、番組から生まれた5つのユニットのプロデューサーにそれぞれ就任。セカンドシングルをかけたユニット対抗戦を繰り広げて大きな話題をよんでいる『ラストアイドル セカンドシーズン』(テレビ朝日系、毎週土曜24:05〜24:30 ※一部地域を除く)。

ページトップへ
Twitter Facebook