1996年1月8日にスタートした、読売テレビ・日本テレビ系の人気アニメ『名探偵コナン』(毎週土曜18:00~)。放送開始20周年の節目を迎えた2016年特別企画の締めくくりとして、原作者・青山剛昌が全面監修を務めた完全新作の2時間スペシャル『名探偵コナン エピソード“ONE” 小さくなった名探偵』が、今冬放送されることが決定した。

本作は、『名探偵コナン』という物語の根幹、高校生探偵の工藤新一(CV:山口勝平)が江戸川コナン(高山みなみ)になってしまった第1話「ジェットコースター殺人事件」を完全新作として蘇らせたスペシャル版。新一と幼馴染みの毛利蘭(CV:山崎和佳奈)が、遊園地トロピカルランドのジェットコースターに乗っている最中に殺人事件が発生。新一はジェットコースターの殺害トリックを暴いて事件を解決する。その後、怪しい雰囲気を漂わせる黒ずくめの男の後をつけ、闇の取引現場を目撃。取引を見るのに夢中になっていた新一は、もうひとりの男に背後から殴られ、組織が新開発した毒薬アポトキシン4869を飲まされ……。目覚めた新一は子どもの姿になっていた、というストーリー。

今回のスペシャル版では、1話で描き切れなかったそれぞれのキャラクターたちの行動や心情などのディテールを肉付けし、全く新しい物語へ。黒ずくめの組織に従い、アポトキシン4869を開発するシェリー(後の灰原哀、CV:林原めぐみ)らも新たに登場。コナンと出会う前の少年探偵団や阿笠博士、コナンが家に転がり込む前の毛利小五郎らもしっかりと描き、新一と蘭がトロピカルランドでデートすることになった理由など、謎に包まれていた部分も明らかに。さらに、その後の800話以上の物語に繋がる伏線も随所に張り巡らされる。

同番組の諏訪道彦プロデューサーは「1996年1月8日月曜夜7時30分、アニメ『名探偵コナン』第1話が放送されました。大反響を呼び、現在放送21年目という超ロングランにつながっていくことになりました。その20年というコナン歴史の中で、コナン世界におけるさまざまな事実が提示され、新たに『名探偵コナン』の世界に触れた人には理解できない部分も多く生まれてきています」とこれまでを振り返り、「そこで今回はアニメコナン20周年企画の締めくくりとして、第1話に至るまでの新一と蘭の関係、新一と遭遇することになるジンとウォッカや他のメンバーたち黒ずくめの組織の動きなど、20年前にはお見せできなかった部分を含めすべて新作2時間スペシャルとして視聴者のみなさまにお届けします」と、スペシャル企画の意図を説明する。

また、「特に後に灰原哀となる黒ずくめの組織の一員・シェリーの研究する薬の秘密や、その組織が狙う本当の目的など、期せずして名探偵コナンストーリーの核心となっていくことになる、まだ誰も知る由もない事実は、見る人の興味を強く引き付けることになるでしょう」と見どころをアピール。そして、「原作者・青山剛昌先生の全面監修による完全新作2時間スペシャル『名探偵コナン エピソード“ONE” 小さくなった名探偵』。あの日、あの時、それぞれの場所でホントは何があったのか。今初めてその黒いベールを脱ぐ衝撃的なスペシャル番組の登場です」と視聴者にメッセージを送った。

アニメ『名探偵コナン』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週土曜18:00~)5月30日放送の「小五郎はBARにいる(後編)」は2014年5月に放送されたストーリーのデジタルリマスター版。“眠りの小五郎”前後の気持ちなどに言及し、その前向きさに癒されるファンが続出した。 知人のバーテンダーに依頼された小五郎は、あるバーにいた。そんな小五郎の様子を見に、コナンもやってくる。小五郎が受けたのは「仕事中にポンと変な音がする」という謎を解いてほしいとの依頼だった。その日も、音がしたときにいつもいる客が来...

ページトップへ
Twitter Facebook