北川景子が不動産屋のスーパー営業ウーマン・三軒家万智を演じるドラマ『家売るオンナ』(日本テレビ系、毎週水曜22:00~)。8月31日放送の第8話では、篠田麻里子和田正人櫻井淳子がゲスト出演する。

本作の舞台は、2016年の夏、東京オリンピックを4年後に控え、熾烈な住宅売買競争が繰り広げられている東京。そこに現れた不動産屋のスーパー営業ウーマン・三軒家万智。常識に縛られない彼女の独特な生き方は、会社では浮いているが、本人はお構いなし。「私に売れない家はない」と豪語し、客の人生最大の買い物を、ある時はダイナミックに、ある時は感動的に演出して売りまくっている。

第8話で突如、新宿営業所の課長・屋代(仲村トオル)の元を訪ねてきたのは、なんと屋代の元妻・理恵(櫻井)。2度目の離婚で慰謝料代わりにもらった家を売却して欲しいと頼みにやってきた。一方、足立(千葉雄大)は大人気のお天気お姉さん・前原あかね(篠田)の担当になりハイテンションに。しかし、あかねの本性はテレビとは別人で、禁煙の店内でタバコをふかし、マネージャーの津田(和田)を顎で使う。しかも、あかねと津田は結婚しており、既婚者だと発覚する。その結果、空回りする足立は担当を万智に変えられてしまう。

その頃、屋代は理恵から復縁を迫られ、しどろもどろに。万智に恋心を抱きモヤモヤする庭野(工藤阿須加)は、万智に自分と屋代のことをどう思っているのかと迫るが、予想外の言葉をかけられ微妙な三角関係は思わぬ方向に発展していく。そんな中、万智はあかねに家を売るため、庭野と足立を手下にして奇想天外な作戦に出るが、そこには思いもしない落とし穴が……。なんと、あかねの私生活が週刊誌に暴かれ、人気がガタ落ちしてしまうのだった。果たして、万智は、どんな方法でこの危機を切り抜けるのか!?

中谷美紀主演のドラマBiz『ハル ~総合商社の女~』(テレビ東京系、毎週月曜22:00~)が、10月21日よりスタートする。中谷演じる大手総合商社に勤める主人公・海原晴のモットーは「仕事は楽しく!」「撤退より攻め!」。そんな熱き思いで成功に導く爽快お仕事ドラマに注目が集まる。

ページトップへ
Twitter Facebook